« 【那須高原まったり温泉バスツアー】 | Main | 【おそるべし30代のOLパワー2】 »

【恐るべし30代のOLパワー】

今回のバスツアーの参加者の中心は30代のOL。中には熟年のおばさん3人組というグループもいたが、大方は会社勤めをしている仲間2~3人のグループで来ていた。新宿を出発すると、あちこちでさっそく始まったのが会社の上司の悪口、同僚の噂話。気のあった仲間で来ていることだからなかなかの盛り上がりだ。6時半の出発だから、7時を過ぎてお弁当がバスの中で出た。村井君はOLの心の機微を知り抜いているので、ツアー最初のお弁当には相当気合いを入れた。ホテルオークラと話をつけて桃花林(中華料理)にこのツアーのための特製弁当を作らせたのだ。「おいしいものを少しづつ」というセオリーをきちんと押さえてあり、OLの皆さんからは大好評。逆にこの最初の関門でポイントを外すと大変なことになってしまっただろう。カボチャのバスに乗ったOLの皆さんは東京を離れるに従って、女王様(シンデレラ)に変身しつつある。下手をすると女王様の日頃の不満や厳しいお叱りを一身に受けることにもなりかねないわけだ。

 30代のOLというのは、マーケティング的に見て、極めて大きな注目を集めている存在だ。先週放映されたテレビ東京の「ガイアの夜明け」でもこの世代の特集を組んでいた。驚くべきは、30代のOLの約4割近くが結婚をしておらず、年々その割合が高まっていて、早晩この世代では結婚していないことが当たり前になる予測されていることだ。可処分所得が高いことからOL層は、もともとブランドメーカーや百貨店などモノを売る側からすれば上得意先であったわけだが、それは結婚するまでの間のこと。花の命は短くて・・結婚もしくは出産を経て、家庭に入れば、彼女たちはただのオバサンになる。でも、今のOLたちはそうした人生の道筋にNoを言い始めた。
それでは、彼女たちは結婚をせず、子供も産まず何をするのか?答えのひとつは「マンションを買う」ということになる。長谷工アーベストが昨年発表したデータに依れば、いわゆる団塊ジュニアのマンション購入比率は、全体の20%を占めるまでになり、マンション市場全体を牽引する存在になりつつある。しかも、購入の理由は結婚ではない。結婚して世帯を持つから、マンションを買うというのは、もう一昔前の話になりつつあるのだ。では、なぜ彼女たちはマンションを買うのだろうか?それはシンデレラであり続けたいからである。子供を産んでオバサンになって、消費という舞台でスポットライトを浴びるシンデレラという主役から降りることを拒否し始めているのである。「マンション買って、猫を飼い、和モノ(お茶、歌舞伎など)に凝ったらオシマイ」という話がOLの中ではあるそうだ。確かにそんなOLの自足した世界に残念ながらオトコの割り込む余地は無い。結婚相手なんかいなくても十分幸せということだ。従って、彼女たちが「シンデレラであり続けたい」と考えいているからと表現したのはいささか不正確。こういい直すことができるだろう。現代の30代OLはいつまでもシンデレラであり続けたいと考えている、しかし、昔話のように白馬に乗った王子様はもはや必要としていないと。

                                              (カトラー)

|

« 【那須高原まったり温泉バスツアー】 | Main | 【おそるべし30代のOLパワー2】 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20869/245774

Listed below are links to weblogs that reference 【恐るべし30代のOLパワー】:

« 【那須高原まったり温泉バスツアー】 | Main | 【おそるべし30代のOLパワー2】 »