« 地殻変動を始めたネット広告 | Main | マーケティングセンス無き民営化を排す »

〔ゴーログ〕効果を検証する

木村剛氏のブログ「週刊!木村剛」でお茶目な企画が進行中。

週刊!木村剛」にトラックバックして、アフィリエイトでおカネ儲けしよう![ゴーログ]

・・・(中略)そこで私こと「週刊!木村剛」は、一大キャンペーンを始めることにしました。題して、「『週刊!木村剛』にトラックバックして、アフィリエイトでカネ儲けしよう!」という企画です。ただし、アフィリエイトになっておカネ儲けしようにもまずはページビューを稼がなければなりません。
そこで「週刊!木村剛」の登場です。
「週刊!木村剛」にトラックバックしていただければ、その中から面白いトラックバックをゴーログで紹介しますから、ページビューが自然と増えます。

小生ことカトラーとしてもこうしたお茶目企画には乗らざるを得ない。ちなみにこの企画のきっかけとなった木村氏の記事<「広告の奴隷」から「広告の主人」へ [コラム] >に対してカトラーのコメントをまじめにトラックバックした所、アクセスは以下のようにトラックバックを機に3倍に急増!〔ゴーログ〕効果を期せずして実感させられることになった。
                      

日付  アクセス数
4/1     75
4/2     78
4/3     69
4/4     113 ← トラックバック開始
4/5     203 
4/6     160
4/7     113

だから何なの?という人やアフィリエイトやお金儲けのためにblogをやっているわけじゃない!という御仁もいるかも知れない。でもとりあえずトラフィックが上がれば悪い気はしないもの。さらに言えば、メディアの世界で強面で知られる木村剛が、あなたのブログをわざわざ読みに来るのだ(たぶんね)。それだけでもちょっとした事件でありましょう。余計なことかも知れないがこのカトラーも読みにいきますよ!

等身大の1対1のコミュニケーションと1対多のコミュニケーションが同時に成り立つのがblogの摩訶不思議さ、堅いことはあまり言わずに〔ゴーログ〕効果を皆で楽しんでみましょう。

(カトラー)

|

« 地殻変動を始めたネット広告 | Main | マーケティングセンス無き民営化を排す »

Comments

世の中、拝金主義、物質主義者ばかりが大手を振って闊歩するそんな日本にどんどんなっていく。地球上の人間達が競争社会の中でどんどん醜くなっていく。あ~いやだ、いやだ。闘争に明け暮れ、この世を去っていくとき、幸せな気持ちで旅立っていけないでしょうね!あなた達はきっとそれでもいいんでしょう・・・何があっても、魂だけはお金の力でも奪えないです!!

Posted by: 憂鬱さん | 2005.09.02 at 12:08 PM

憂鬱さん、書き込みありがとうございます。
この文章を読んで、私のことを拝金主義、物質主義とおっしゃっているのでしょうか。
だとしたら、ひどい読み違えですね。それで憂鬱になっているというなら、どんでもないお目出たい方ですね。

Posted by: katoler | 2005.09.03 at 09:03 AM

Good job, here and there!l

Posted by: Jones | 2007.08.26 at 02:20 PM

Help the homeless down the street and persuade them to look for work

Posted by: antique auto glass | 2007.08.26 at 05:38 PM

Cigarette ads do influence, don't influence starting to smoke

Posted by: absolute | 2007.08.31 at 09:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20869/410412

Listed below are links to weblogs that reference 〔ゴーログ〕効果を検証する:

» naproxen ingredients [keratoderma 2508]
klonopin cyclessa aldactone adipex 37.5 mg [Read More]

Tracked on 2006.08.25 at 05:06 PM

« 地殻変動を始めたネット広告 | Main | マーケティングセンス無き民営化を排す »