« n個の性とナルシス | Main | ひとりビジネス:越谷駅、徒歩30分の至福 「竹宵」 »

スーパーサイズ・ミーに見る、市場主義というナチズム

supersize_me
アメリカに行った日本人は、誰もがジャンクフードの氾濫と食べ物のデカさに呆れ返る。
話題の映画「スーパーサイズ・ミー」は、マクドナルドやコカコーラに代表されるファーストフード産業、食品メーカーの巧妙なマーケティングの罠によって、いかに多くのアメリカ人が肥満と不健康に追いやられているかを風刺的に描いた作品である。

監督自らが実験台となって、1ヶ月間、マクドナルドの商品を朝、昼、晩と食べ続け、その過程をレポートしている。実験の終盤では、体重が14キロ増え(スーパーサイズ)、肝臓が腫れ上がり、胸苦しさまで感じてようになり、ドクターストップ寸前までの状態に陥る。

数年前に、マクドナルドを相手取り、肥満になったのはマックに責任があるとする訴訟がおこされた。このニュースを聞いた時は、何でも訴訟に持ち込むアメリカ的訴訟社会の弊害と考えていたが、「スーパーサイズ・ミー」を見て考えが変わった。アメリカ人の肥満、不健康のかなりの原因はマーケティングにあり、その責めを負うべきである。
「消費者が欲しがるものを欲しがるだけ、しかも、できるだけ手軽に安く提供している」というのが、ファーストフード業界など供給側の論理であり、市場のニーズに応えるべくマーケティングポリシーを貫徹させているだけという見方もできるだろう。しかし、この映画でもリポートされているように、マクドナルドのマーケティングは判断力の無い子供たちへの刷り込みから始まっている。マクドナルドのキャラクター、ドナルドは、今や米国大統領やキリストよりも子供たちの間では認知度がある。子供への刷り込みを組織的、戦略的に展開しているという点では、実はアメリカが名指しして非難している悪の枢軸、北朝鮮と異なるところがない。永井俊哉氏によれば、実はナチズムとフォーディズムは親縁性があって、ヒトラーと自動車王フォードは互いに称えあっていたのだという。徹底した市場主義は、プロレタリア独裁を標榜したソ連共産主義独裁やナチズムと双子の兄弟なのだ。

どこを見渡してもマクドナルドやセブンイレブンだらけの同じ顔をした街ばかりだ。こうした国を全体主義の国と呼ばずして何と呼ぼう。

(カトラー)

|

« n個の性とナルシス | Main | ひとりビジネス:越谷駅、徒歩30分の至福 「竹宵」 »

Comments

カトラーさん、こんにちは。
私もこの映画を観て、元から好きではなかったファーストフードが更に嫌いになったクチです。(汗
4年ほど前に下地として『ファストフードが世界を食いつくす』(エリック・シュローサー著 楡井 浩一=訳)を読んでいたのですが、今回のこの映画はやはり監督自身の身体が医者も予想しなかった程酷く変化していったという見せ方に、インパクトは相当強いし、ファストフード業界の経営手法がいかに狡猾であるか関心を引きやすい手法だなーと思いました。(ご本人は相当辛かったと思いますが)

Posted by: fumi_o | 2005.01.27 at 12:42 PM

うーん。国民性もあるという感じがします。そういったジャンクフーズに限らず、アメリカ人の多くはあきらかに食べ過ぎです。なんであんなまずいものをたくさん食べることができるのか、不思議な思いをします。食は文化だと思いますが、食の文化が育っていない感じですね。
市場主義とプロレタリア独裁主義が違うのは、市場主義は淘汰のしくみがあることじゃないでしょうか。T型フォードで大成功したフォードもシボレーにそのシェアを奪われてしまいます。
またプロレタリア独裁主義は、人間は完璧な計画ができるという理想主義ですが、市場主義は、神はマーケットにしか存在しないというところから出発しているのでちょっと本質的にことなるような気がします。
もちろん淘汰が進みすぎると社会が持たないので、市場主義も修正されましたが、人(独裁者)が粛正するのか、マーケットが淘汰するのではずいぶん違うような気がします。

Posted by: 大西宏 | 2005.01.27 at 07:28 PM

fumi_oさん、コメントありがとうございます。
「ファーストフードが世界を食いつくす」という本を私も読んだことがあります。そこで報告されていた、食肉処理に従事する人々の過酷な労働実態の上にマックのハンバーガーが成立していることを考えると、とても複雑な感情を持ちました。

ファーストフードというのは、大西さんが指摘されている文脈にそっていうなら、文化ではなく、ひとつの文明なのだと思います。文明はつねに文化を駆逐してきました。ファーストフードとはアメリカ文明そのものを象徴しているのであり、アメリカ人が食文化を持ち得ないのはそこに本質があると思います。
文明が文化をなぜ駆逐できるかといえば、文化は人々のものだけれでも、文明は神のものであるふりをするからでしょう。そしてアメリカという文明が信奉している神とは、大西さんがおっしゃるように、「市場主義」といえるでしょう。この神は、本来は人々の幸福や安寧を約束するはずの存在であったのが、今や肥満と画一化に人々を追いやっています。この映画が発しているメッセージとは、市場主義という神を100%信じられなくなったアメリカのジレンマだと感じました。

Posted by: katoler | 2005.01.28 at 01:34 AM

TBありがとうございました。
自分のところで書きましたが、スーパーサイズ・ミーを観てやっぱりいちばん深刻だなあと思ったのは、子どもたちの学校給食の部分。大人の利益がらみで不健康な食事を与えても平気ってのが信じられないですねえ。こちら(宮城県)では、子どもたちの食育にとても熱心なものですから・・・。

Posted by: tamago | 2005.01.30 at 10:05 AM

カトラーさん、こんにちは。
既にご存知かも知れませんが、一部で小さいサイズ(それもまた極端に小さい)を提供しているマック店もあるようです。
まあ、「NYだからかな?」という気もするのですが。
個人ブログより↓
http://madonna.girly.jp/blog/archives/000206.html

Posted by: fumi_o | 2005.02.09 at 10:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20869/2705086

Listed below are links to weblogs that reference スーパーサイズ・ミーに見る、市場主義というナチズム:

» 資本主義と文化 [ロングバケーション]
初トラックバックです。うまく行くか若干不安です。トラックバック元はカトラーさんの「スーパーサイズ・ミーに見る、市場主義というナチズム」という過激なタイトルです。... [Read More]

Tracked on 2005.01.29 at 07:08 AM

» スーパーサイズ・ミー [ネタバレ映画館]
 26日のニュース。消費者らが損害賠償を求めた訴訟で、NY連邦高裁は25日、消費者側の訴えを却下したNY連邦地裁は不当だとして同地裁に審理をやり直すよう命じる決... [Read More]

Tracked on 2005.01.30 at 04:38 AM

» 「スーパーサイズ・ミー」 [ライターin仙台]
「私たちが太ったのはマクドナルドのせい」 と、アメリカの少女2人がマクドナルドを訴えたが 裁判所は原因と結果の証明ができないという理由で却下。 その記事を... [Read More]

Tracked on 2005.01.30 at 10:08 AM

» 【スーパーサイズ・ミー】相当面白い! [ 【インテリア&ライフ】 デザイナーズ家具、インテリア、雑貨...]
膨大な情報から作ったドキュメンタリー。これだけの人にインタビューして、事実を積み上げ、まとめた内容は納得させられる。その上、映像、音楽の編集が非常に上手く出来て... [Read More]

Tracked on 2005.01.30 at 10:38 AM

» 「スーパーサイズ・ミー」 [the borderland]
マクド(関西人なのでマックとは呼べません)を3食連続で食べるのも嫌な私にとって、体に悪いとかの問題じゃなく、1ヶ月30食!食べ続けるモーガン・スパーロック監督&... [Read More]

Tracked on 2005.01.30 at 01:19 PM

» スーパーサイズ・ミー [みゃうな日々]
おもしろい映画でした。 非常に興味深い内容です。 でもおもしろがっちゃいけないね。 事のはじまりは2002年の11月。 アメリカに住む肥満症に悩む少女二人が、... [Read More]

Tracked on 2005.01.31 at 03:08 PM

» スーパーサイズ・ミー / SUPER SIZE ME ?(2004・米) [HALa9000s CINEcolumn]
★★★★☆ 98分/カラー 監督・出演:モーガン・スパーロック 私はもうホントどうしようもない緊急事態でもない限り、マクドナルドなんぞ食わん!!と常々... [Read More]

Tracked on 2005.02.03 at 04:28 AM

» mac中毒 [napoさんの那須的生活]
昨晩は遅くまで東京にいて那須行きの終電がなくなってしまったので、東京に泊まる。 何日か前にアップルのサイトで新しいPowerBookG4が発売されたことを知り... [Read More]

Tracked on 2005.02.05 at 05:09 PM

» fast food [napoさんの那須的生活]
最近、「食べ物」がキーとなる映画を2本立て続けに見た。全然タイプの違う映画だが、両方ともとても面白かった。キーワードはハンバーガーとスパイス。 最初に紹... [Read More]

Tracked on 2005.03.03 at 09:25 AM

» ◆お薦めブログ◆ マーケティング関連 <第二弾> [アルバートStyle - ビジネスの素 -]
またまた、お薦めブログです! 「マーケティング関連」のブログってたくさんありますよね。 ■カトラー:katolerのマーケティング言論 【ブログの概要】 ... [Read More]

Tracked on 2005.03.08 at 01:37 AM

» スーパーサイズ・ミー [金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等]
★本日の金言豆★関西人だけでなくアメリカ人も、マクドナルドを「マクド」と呼ぶ マイケル・ムーア監督のアンチブッシュドキュメンタリー「華氏911」以降、娯楽性も有りお金も稼げるジャンルと再認識された感のあるドキュメンタリー映画に、またもや奇想天外な作品が登場です。... [Read More]

Tracked on 2005.05.24 at 02:42 PM

» スーパーサイズ・ミー 今年の154本目 [猫姫じゃ]
スーパーサイズ・ミー   98分の映画、昨日夜、11時過ぎから見て、見終わったの夜中の3時前。 3回は、巻き戻しました、、、よく寝られました。   結局、まん中少し飛んでるかもしんないんだケド、 ま、最初と最後を見れば、いいんでしょ!?   ... [Read More]

Tracked on 2005.07.29 at 11:48 AM

» ビックマックの世界の値段 [浅田サラダの"明日も身から出たサビ"]
イギリスの雑誌「エコノミスト」は毎年、世界中で売られている マクドナルドのハンバーガー「ビックマック」の値段を購買力平価で比較した 指数を発表しているのは有名ですが、今年も発表されたみたいです。 ニュースで見ました。 アメリカ....... [Read More]

Tracked on 2006.01.22 at 03:33 PM

« n個の性とナルシス | Main | ひとりビジネス:越谷駅、徒歩30分の至福 「竹宵」 »