« オウム事件から10年、映画「カナリア」が問いかけるもの | Main | 「今日も元気だタバコがうまい!」といえない時代 »

JT H/R/Cの肉弾戦略

HRC
川崎で仕事が終わった時、既に時計は7時を回っていた。
このまま帰ると、日本vsバーレーン戦を見逃してしまうと考え、同僚のオヤジ連中と「サッカー放映中」の張り紙を出していた川崎駅前の「つぼ八」に飛び込んだ。

梅干し入りの芋焼酎をチビリ、チビリやりながら観戦していると、つぼ八とは場違いのミニスカ・コスチュームを身にまとったギャルが乱入にしてきた。H/R/Cとコスチュームにプリントされている。何者か?と思っているとこちらにもまわってきて、JT・たばこ産業のキャンペーンギャルだということがわかった。
以前もどこかの居酒屋で新製品のサンプルを配布しているJTのキャンペーンギャルに遭遇したことがあったが、今回、驚かされたのは、商品の現物を一箱、惜しげもなく、無料で配っていたことだ。

喫煙者、JTに対する強い逆風

喫煙者天国といわれた日本だが、JTにとって相当強い逆風が吹き始めている。喫煙者が減少し続けていることに加え、これまで許されていた看板広告や雑誌広告にまで規制がかけられ、広告を出すこともできなくなった。オフィスや街中でも喫煙できる場所がどんどん消えており、喫煙者は日々肩身が狭くなっている。私自身は喫煙者ではないのだが、最近の「禁煙ファシズム」「健康ファシズム」の蔓延はどう考えても行き過ぎだと考えており、天の邪鬼を自認するカトラーとしては、数年前からあえて「開煙」を宣言している。
それはさておき、現物サンプリングという思い切ったマーケティングをJTが展開している背景に、縮小マーケットにおける生き残り戦略を垣間見ることができる。前述のように広告活動に対する規制もさらに強化され、今後も喫煙者のパイが広がらないことがはっきりした現在、JTとして取りうる戦略はブランドスイッチしかない。そして、H/R/Cというタバコは、このブランドスイッチを可能にする「サンプリング戦略」を明確に意識した上で開発された製品である。このタバコは、マイルドセブンやマルボロが持ち合わせているようなブランド・イメージを持たない。ネーミングは、それぞれH(HEAVY)、R(REGULAR),C(COOL)という意味なのだが、他のイメージ要素をあえてそぎ落としており、記号として存在する。

JTが仕掛ける肉弾戦!

強い味(10mg)、普通の味(7mg)、クールミントの味と、代表的な嗜好をラインアップすることで、消費者が現在吸っているタバコに合わせて、H,R,Cの現物サンプルをトマホークのように打ち込んでいくのだ。商品のイメージをできるだけ稀薄にすることで逆に消費者の嗜好性に合わせることを可能にするという、これまでとは正反対の発想に基づくマーケティング戦略といえるだろう。メディア広告を主体としたイメージビルド(空爆)ができなくなった中で、残されたサンプリング戦略(肉弾戦)を最も効率的に推し進める商品ということもできる。
JTが強大な体力を背景に消費者に対してキャンペーンギャルを押し立て、究極の1対1の肉弾戦を挑んできているのだ。いうまでもなく、われわれオジサンとしては、こうした肉弾戦は大歓迎である。

つぼ八の店内に大歓声が響いた。
ゴール前の混戦から、なんとバーレーンがオウンゴールをしてしまったのだ。この試合にはどうしても勝たなくてはならないという日本イレブンの強い思いや当たりが生み出した貴重なゴールといえる。日本代表も肉弾戦に勝利した!肉弾戦、恐るべし。

終了ホイッスルが鳴り響き、日本の勝利が決まった後、H/R/Cの一服は、格別にうまかった。

(カトラー)

|

« オウム事件から10年、映画「カナリア」が問いかけるもの | Main | 「今日も元気だタバコがうまい!」といえない時代 »

Comments

カトラーさん、お久しぶりです。

私もカトラーさんに負けないくらいの天の邪鬼を自認していますが、タバコに関してはまだまだ締め付けが足りないと思います。かなりの「禁煙ファシスト」です。JTの経営などどうでもよかとです。

ある調査によると、喫煙者の7割以上が「タバコをやめたい」と考えています。そんな喫煙者を禁煙させにくくする要因がまだまだ日本には多すぎます。肉弾戦などもってのほか。可愛い娘に誘惑されたら、意志の固い私だって危ない・・・・

タバコの有害性は健康面だけではありません。

葉タバコの乾燥に大量の木材が必要です。そのため、世界で毎年2,000km2の森林が伐採消失しています。世界中で薪として伐採される樹木のうち重量比で80%、森林伐採総面積の12%は、葉タバコの乾燥のためだけに消えており、毎年長野県ふたつ分の森が地球上から無くなっていることになります。タバコは健康被害だけではなく、環境破壊の面からも人類と地球の未来を危うくしていることは間違いない!。
http://www.who.int/tobacco/statistics/tobacco_atlas/en/
http://www.who.int/entity/tobacco/en/atlas16.pdf

また、タバコのフィルターはセルロース・アセテートとポリマーというやっかいなもので、分解まで長期間かかるため、環境を確実に汚染します。喫煙率が高く、ポイ捨てタバコの多い日本は、世界有数のタバコ汚染国家といえます。

JTに雇われた肉弾娘がそんなことは露しらず、「私ってエコにはうるさいの」などとほざいているとしたら頭殴ってやりたくなります。
「おまえのお色気が環境破壊の助長してるんだこのボケ!」と

お粗末様でした。

Posted by: domiz | 2005.04.02 at 08:15 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20869/3504309

Listed below are links to weblogs that reference JT H/R/Cの肉弾戦略:

« オウム事件から10年、映画「カナリア」が問いかけるもの | Main | 「今日も元気だタバコがうまい!」といえない時代 »