« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

書評:パリで出会ったエスニック料理

4907818777 このブログに何回か登場しているにむらじゅんこさんが、雑誌ソトコトで3年間にわたり連載していた「パリで出会ったエスニック料理」が単行本(木楽舎刊)として出版された。ソトコトに連載中から、彼女の文章のファンだったのだが、読み返して見て、あらためて色々なことを考えさせられた。

続きを読む "書評:パリで出会ったエスニック料理"

| | コメント (2) | トラックバック (5)

ビル・ゲイツの引退とエコ・テロリストの関係

ビル・ゲイツ氏、2年以内に第一線から引退、慈善活動に専念
ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル) 米マイクロソフト(Nasdaq:MSFT) のビル・ゲイツ会長(50)は15日、2年以内に同社の第一線から退き、6年前に立ち上げた慈善団体「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ基金」の活動に専念 するとの意向を表明した。 (NIKKEI NET)

 

Bill_gate 世界一の資産家、ビル・ゲイツが、ビジネスの一線から退くというニュースが報じられていた。今後は自身が設立した慈善団体、ビル・ゲイツ財団の活動に専念していくことになるという。

続きを読む "ビル・ゲイツの引退とエコ・テロリストの関係"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

移民問題を問う⑤ ~流民の世紀のソフト・パワー戦略~

350pxearthapollo17 19世紀は移民の世紀、20世紀は難民の世紀といわれた。それに倣えば、21世紀は「流民の世紀」といえるのではないか。

国境を越えて、人々の大移動が始まった。人類は地球規模の気候変動や天災・疫病、侵略・迫害などから逃れるために民族単位で大移動を繰り返してきた。かつての大移動が、生き延びるための遁走だったとすれば、現代の流民たちは、民族単位ではなく、トーマス・フリードマンが近著「フラット化する世界」で描かれている平準化されたプラットフォームの上をあたかもビリヤードの玉のように激しく動き回る。

続きを読む "移民問題を問う⑤ ~流民の世紀のソフト・パワー戦略~"

| | コメント (17) | トラックバック (7)

来たれ、異文化にオープンマインドなフリーター、ニート諸君!

このブログに最多登場回数を誇る?クリングルの村井さんと、春日部で久ぶりに晩飯を食べた。混浴ツアーだとか、セレブレストランだとか、スマートアパートメントだとか、色々な話に登場してくるが、一体何をやっている人なのかという質問が私の周りで増えてきた。

続きを読む "来たれ、異文化にオープンマインドなフリーター、ニート諸君!"

| | コメント (1) | トラックバック (2)

移民問題を問う④~自分の姿しか見えない蝦蟇蛙、鏡の罠~

Imigration_optimism_score 移民問題を考えていくと、その反作用として、日本人とは何なのかという問が生まれてくる。

前回のエントリー記事に対して「移民が入ると日本がけがれる」「移民は外来種のピラニアのようなもの」というコメントが書き込まれたことには少なからず驚かされた。相手がどう見えるかというのは、実は自分の心の反映、自己イメージの投影でもある。自分の心の中にある怖れが、移民に対する歪んだイメージを作らせているのだろうか。

続きを読む "移民問題を問う④~自分の姿しか見えない蝦蟇蛙、鏡の罠~"

| | コメント (12) | トラックバック (9)

移民問題を問う③ ~大変化に気づかない「茹で蛙」~

Fujisue_chart 前回の移民問題に関するエントリー記事に30件を超えるコメントやトラックバックをいただいた。その中での議論のまとめも含めて、再びこの問題について考えて見たい。

議論に関係なく進行する現実

移民問題について議論していると、ある種の滑稽さがつきまとうことに気づかされる。

続きを読む "移民問題を問う③ ~大変化に気づかない「茹で蛙」~"

| | コメント (7) | トラックバック (2)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »