« 「子殺しの時代」を生きる ~坂東真砂子、子猫殺しの波紋~ | Main | ル・モンド・ディプロマティークのこと ~サヨクの新しい可能性~ »

頭の強い子の育て方、頭のよい子の育つ家

President_family 出版界は、子供ブームである。
このブームの先鞭をつけたのは、日経Kids+(キッズプラス)のヒットだが、最近では、後追いしたプレジデント・ファミリーが月刊誌化され、徹底した編集方針で発行部数を20万部近くまで伸ばし、父親格のプレジデント(約19万部)を追い抜く勢いだ。日経Kids+は、創刊当初は父親が読む育児雑誌という内容で、子供と一緒に竹トンボを作って遊ぶだとか、牧歌的な特集が微笑ましかったのだが、最近ではプレジデント・ファミリーの路線をかなり意識した内容に転換しつつある。

プレジデント・ファミリーの特集タイトルを見てもらえば、その徹底した編集方針がどんなものかすぐわかるだろう。

・頭のいい子の親の顔
・頭のいい子の生活習慣
・頭のいい親子の勉強法
・お金に困らない子の育て方

ここまでストレートなタイトルを、衒いも無く打ち出すというのは、そうそうできるものではない。「頭のいい子の~」というキーワードを編み出した編 集者こそ非凡というべきと思うが、この世で一番大切なことは「頭のいいこと」であり「お金に困らないこと」であるという本音メッセージが、この特集タイト ルからは、ひしひしと伝わってくる。プレジデント・ファミリーという本は、ひとことでいえば、「自分の子供を勝ち組にする」あるいは「親子で勝ち組にな る」ための雑誌といっていい。
私が学生の頃は「教育ママゴン」という言葉があって、「受験地獄」を引き起こしている元凶という風にマスコミから怪獣扱いされていた。当時の父親は、教育のことは母親任せ、たまに口を出しては、逆に「何にもわからないくせに!」とたしなめられているような存在だった。

親子一丸となって受験に邁進する時代

しかし、時代は変わった。
今や、父親も含めて親子は一丸となって、お受験や子供が頭のいい子に育つように努力するようになった。そのことに よって、親子の絆が強まっているのなら、それはそれで結構なことだが、「頭のいい人間」になることと「お金に困らない」ことが、親子の間で一点の曇りも無 い共通の価値観にまでなっているとしたら、空恐ろしい限りだ。まあ、私がこんなことを言ってみても、プレジデント・ファミリーの愛読者からは、「負け犬の 遠吠えだ」と鼻で笑われるのが関の山だろう。よくよく考えて見れば、空恐ろしいのは、彼らの価値観というより、むしろ、そうした価値観を生み出す現実のほ うかもしれない。体を使う仕事だけでなく、コンピュータソフトのプログラム開発まで、中国やインドに移転しまう「フラット化」した世界の中で、子供に対し て高度な教育を与えることだけが、この社会で一握りの「勝ち組」になるパスポートであることを、親たちは体験的に知っている。

以前、このブログで「頭の良くなる家~子供たちを勉強部屋から開放せよ~」という記事をエントリーしたところ、大きな反響があった。はてなブックマークで、この記事は104名もの方々からマークさ れ、このブログでエントリーした190本あまりの記事の中でダントツの評価となった。その記事の中で、麻布、開成、武蔵、桜蔭といったな有名中学校を合格 した子供たちの家を実際にフィールド調査してデータを集めた四十万さんのことを紹介したが、慶応大学の渡邊朗子助教授との共著で「頭のよい子が育つ家」(日経BP社)という本になった。
Atamagaiiko_sodatuie 本になって、四十万さん話や、それを裏打ちしている渡邊さんの理論を読むと、あらためて考えさせられる所が多かった。受験生をもつ親や、プレジデント・ファミリーの読者にもこの本はぜひ読んでもらいたい。

頭のよい子が育つ家とは

本の中で、武蔵中学の入試問題が紹介されているのだが、これには驚かされる。社会の問題で、岩倉使節団のことが出てくるのだが、問題文を読みながら、そこに書かれた使節団が辿った航路を地球を俯瞰した白地図に書き込むことが求められる。さらに、以下のような問題――――

「中江兆民が活躍した時代には、世界との関わりは国が中心となると考えられていました。しかし、今ではわたしたちは一人ひとりの個人として世 界の中で活躍していくことができます。君はどんな態度で世界の人々と付き合っていきたいですか。中江兆民の考えも参考にしながら、君自身の考えを書きなさ い」

この問題を紹介しながら、四十万さんもいっているが、勉強部屋に閉じこもって参考書を暗記しているような勉強、そんな頭の良さでは、とてもこんな問題には太刀打ちできないだろう。
この本を最後まで読むと浮かび上がってくるのは、そもそも人間の「頭の良さ」とは何なのかという問いだ。そのことに気づかせるというのが、実はこの本の肝心な点であり、戦略になっている。
理論編を担当している慶応義塾大学の渡邊朗子助教授は、空間の知能化という問題を建築の視点から研究されていて、知能の発生や発達に、空間やそこにおけるコミュニケーションのあり方が深く関わっていることをわかりやすく説いている。
人 間の知性を育てる「教育空間」とは、コンピュータの回路空間のような整然としたものではなく、①見え隠れ ②回遊性 ③シーンづくり という3つの要素で 構成されるという。ここでは詳細は紹介しないが、子供の知性を育てる教育空間とは、極めて身体性に依拠した概念といえるだろう。知識や情報のデータベース があらかじめ存在していて、そこからダウンロードするような形で、人間の知性や知識というものは形成されるわけではないのだ。実際、四十万氏が調査した有 名中学に合格した子供たちは、ほとんどが勉強部屋で勉強するのではなく、遊牧民のように、家の中を回遊していたり、リビングなど家族とコミュニケーション が持てる空間で勉強していたという。

頭が強くて、お金が無くても困らない

「脳力」という怪しげな言葉が流行っているが、人間の知性とは、どこかのインチキ大学教授が大儲けしている「脳力トレーニング」みたいなものでお手 軽に向上させられるものではないだろう。通勤電車の中で、その教授が監修したトレーニングゲームを一生懸命やっている真面目な方を時々見かけるが、残念な がら、そんなゲームをやったところで、ようするにインチキ教授のテストに対する習熟度が上がるだけだ。
人間の頭の良さとは、インチキテストや有名 中学の受験結果で測れるものではない。そもそも、そうした指標では捕捉できない力、すなわち、物事の本質や味わい(テイスト)など、言語化、指標化できな いイメージのようなものを直感的に感じ取ることができる点にあると思っている。
計算がよくできたり、記憶力が良かったりという「頭の良さ」も確かに存在するが、そんなものは所詮、コンピュータにはかなわない。有名中学の入試問題でさえ、単純な計算能力よりも、自分で物事を思考できる「頭の強さ」が求められる時代だ。

プレジデント・ファミリーの特集タイトルに倣って、この世で大切なことは「頭が強い」ことと「お金がなくても困らない」ことであるといったら、やはり負け犬の遠吠えといわれてしまうだろうか。

(カトラー)

|

« 「子殺しの時代」を生きる ~坂東真砂子、子猫殺しの波紋~ | Main | ル・モンド・ディプロマティークのこと ~サヨクの新しい可能性~ »

Comments

小学校の教員をしている友人と「理想の子どもとは、どんなものだろう」と話し合ったことがあります。子どもを持っていなかったので、純粋な視点が持てたころでした。そこでの結論は「賢い体・丈夫な頭脳」。
どんなに頑丈でも、体は病に冒される。そんなとき、賢くそれを克服できること、自らの治癒力を磨くことが、大切だと思った。さらに、難問をスラスラ解けるより、「どうしようもな問題でも、なんとか解決の糸口を見出そうとするがんばる頭脳。
いま思うのは、それらを総合した「自己修正能力の高さ」です。社会に出たとき、これまでの経験と自己の考察を軸にしながら、周囲との関連で修正し、適応できること、と。そんな青年たちが、きっと未来を担ってくれると信じます。学歴、関係ありません。
これも負け犬の遠吠えでしょうね。

Posted by: mm | 2006.09.10 at 07:07 PM

最初プレジデントの批判をするのかと思ったら、読んでいるうちに、そうそう考える力大事だよなあ、プレジデントで書かれているのと同じ様な主張なんだなと理解しました。ところが、最後にまたプレジデントの批判をしているので、おやと思いました。
プレジデントはただ受験戦争に勝つ方法が書かれているのではなく、生き方の学び方を書いていたように思います(お金の話は読んでませんが)。そこに父親が参画する必要性を主張しているように思いました。
ただ、それは私が読み違えているのかもしれません。自分がそう思っているののでそういうところだけ同意しながら読んでいたかもしれないということです。

Posted by: 悩む親 | 2006.09.11 at 01:23 AM

子育て真っ最中としてのわが身に照らせば、相当の毒を含んでいると知りつつも、「頭のよい子」や「頭の強い子」といった言葉に、心が動かされてしまいます。

毒をなぜ感じてしまうかと言えば、「素直で元気な子に育ってほしい」という誕生の瞬間に口にする支持率90%の慣用句が、いかに意志なきものかを明らかにしてしまうからです。競争社会は、日本人の最後の「嘘」(大げさですが)も、カミングアウトさせそうです。

また、この種の議論に付きまとう「脆弱さ」や、エントリー記事にもあった様に「頭のよさ」という捕らえ方の多面性も、素直に「そうだね」って言えない一因でもあります。

ただ、作り手の理論のみで供給され続けた家を、利用者の頭脳次第で、スマートな空間へ応用でき、その空間は頭脳を再生産する、これはストレートなメッセージですね。

これが「お金に依拠しない強い頭の家系」への入場券なのでしょうか?

だとすると、その入場券はいくらでしょうか?

ちぇ!また金かよと言ってしまう、小生の頭脳が遺伝しないことを、つい祈ってしまいました。

Posted by: あたり前 | 2006.09.11 at 04:28 PM

コメントをありがとうございます。
人生にとって教育とお金が大事といっていたのは、実はユダヤ人ですね。国を喪い、流浪の民となった彼らにとって、頼みとするものは、教育とお金しかなかったということなのでしょう。翻ってこの国を見れば、戦後60年にして、流浪の民と同じ思いに駆られているのは、わたしたちが国を喪ったということなのでしょうか。「美しい国」なんって言っている場合じゃありませんね。
父親が教育参加するということは、決して悪いことではなく、むしろ良い行いだと思いますが、そのことによって、家族が要塞化したのではないかと思います。子供は、本来、皆の宝という意識が下町などにはあったのですが、サラリーマンばかりの世の中になって、他所の家の子供のことはどうでもよくなりました。大変、シニックな言い方になりますが、ひょっとすると「頭の良くなる家」とは、外部と隔絶された、家というシェルターの中にあっても、まともな子供を育てることができるという、最後のファンタジーなのかもしれません。

少し前まで、頭はそんなに良くないけれど、家族や周囲の人たちの愛情をたっぷり受けて気持ちよく育った、野菜のような子供が地方都市などに行くとたくさんいました。
「頭のいい子」が幅をきかす中で、そうした素直な野菜のような子たちの肩身が、どんどん狭くなっているような気がするのは、私だけの思い過ごしでしょうか。


Posted by: katoler | 2006.09.11 at 10:17 PM

Beat me! Insult me!

Posted by: mesubita | 2006.09.12 at 05:24 AM

I need you! I love you!

Posted by: chick | 2006.09.13 at 12:52 AM

家族の要塞化ですか... 非常にはっとさせられ、考えさせられる視点で、「野菜のような子供」とあわせ、ずっと考えています。

Posted by: 悩む親 | 2006.09.26 at 10:33 PM

People should be allowed to go naked in certain recreational areas only - Or specify those areas and you have another persuasive speech topic

Posted by: anya | 2007.10.08 at 05:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20869/11835593

Listed below are links to weblogs that reference 頭の強い子の育て方、頭のよい子の育つ家:

» 大学院大学と専門職大学院 [ジュニアNEWS(ニュースから学ぶ理科・社会の知識)]
大学だけでは教育が十分ではない。 こういった風潮なのか、大学院大学や専門職大学院が増えている。 弁護士になろうとした際、大学の法学部を卒業するだけではなれなくなってきている。法科大学院に進まないと受験できにくい制度になってきた。 会計士も会計大学院ができ..... [Read More]

Tracked on 2006.09.11 at 04:26 PM

» 基礎学力って・・・ [ジュニアNEWS(ニュースから学ぶ理科・社会の知識)]
基礎学力は義務教育期間に身につけるべき重要なものである。 基礎学力は社会に出てどのように役に立つのだろう。 まず国語。 読み書き能力は日常生活に必須である。契約社会では契約書を読めなかったり理解できなかったりすると不利になる。 また国語ではコミュニケーシ..... [Read More]

Tracked on 2006.09.11 at 04:27 PM

» 専門知識って・・・ [ジュニアNEWS(ニュースから学ぶ理科・社会の知識)]
専門知識は高等教育・大学教育で身につけるべき重要なものである。 法学・経済・商学・文学・語学・医学・薬学・理学・工学・情報学など実社会での生きる技(知識)を身につける。 専門知識は大学・専門学校に入るとともに専攻が決められており、その選択は高校時代におお..... [Read More]

Tracked on 2006.09.11 at 04:29 PM

» [magazine]「プレジデントFamily」8/18発売の10月号記事に「嫁に行ける娘、いけない娘」 [Peppermint Blue]
何だかんだ言ってネタ元として貴重な存在の「PRESIDENT」。おそらくその視点の迷いのないオヤジっぷりがいろんな意味で刺激的なのだと思うのだが、現在発売中の2006.9.4号「お金の新常識40」(しかしPRESIDENTってお金特集ホントに好きだよなあ)にあった関連誌「プレジデン... [Read More]

Tracked on 2006.09.12 at 06:57 PM

» 開かれ [うたかたの日々]
『「つながり」という危ない快楽』速水由紀子著の読書メモ。 はじめに作者は団塊ジュニア以降の世代を5つのコミュニティに分類しているが、 「グローバル・コミュニティ」と「ローカル・コミュニティ」にポイントをしぼって紹介していく。 「グローバル・コミュニティ」とは、MBAを印籠にグローバル・スタンダードになって、 起業してIPOしてサクセスという大人の階段を登るコースである。いわばヒルズ族系。 一方「ローカル・コミュニティ」は、「「つながり」が最も大事」であって、 でオンラインでは... [Read More]

Tracked on 2006.09.12 at 07:09 PM

» asta in linea del randello di golf [asta in linea del randello di golf]
automobile utilizzato a dallas vendita di rimozione del laptop batteria del laptop del sony [Read More]

Tracked on 2006.09.13 at 11:07 PM

» サラ金規制より 派遣業界のピンハネ規制が先だ。Part1 [貞子ちゃんの連れ連れ日記]
ブログサーフィンしてて 気がついたのですけど。 もしかして下記のことは あまり知られていないことなのかと思いまして 走り書きです。 1、若い人では派遣社員の方が多いと聞きます。私の周りの女性でも 派遣業に登録して 派遣社員として働いている人は けっこう多い。 もし 仮に あなたやあなたの子供が 派遣社員で時給1,500円で働いているとしたら 一日6時間労働の日当は9,000円です。月に20日出勤したとしても 180,00円にしかならない。しかも 厚生年金や健康保険や雇用保険は ほとんど適用されな... [Read More]

Tracked on 2006.09.15 at 03:20 PM

» 親に必要な10の心得 [無料レポート館]
子どもの勉強嫌いを、本気で治したい方のみご覧下さい!落ちこぼれの子どもを持つ親から必ず質問される【子供の勉強についての悩みベスト10】の解決方法です。このレポートの内容をお伝えすると・・・ その1 なぜ、勉強しても成績が伸びないの?? その2 なぜ、うちの子は勉強しないの?? その3 能力差はあるの?? その4 家でまったく勉強しない!!どうしたらいいの?? その5 どんな勉強方法がいいの??... [Read More]

Tracked on 2006.09.29 at 01:33 PM

» 実践中@頭の良くなる部屋 [賃貸を面白くするためのメルクマール 新館]
ここ最近、スマッチ!内でも話題の頭の良くなる家(部屋)。 実は私の家では今年の初めから実践してます。 去年、新築で購入したにも拘わらず。。。 その1年後、さっそく子供部屋をリフォームしたんです。 「頭の良くなる家」を参考にして。(笑) 実は去年の暮...... [Read More]

Tracked on 2006.09.30 at 06:40 AM

» Valium. [Buy valium without prescription.]
Valium definiton. Conversion dosage of lorazepam to valium. What does valium look like. [Read More]

Tracked on 2007.04.10 at 10:52 AM

» Free verizon ringtones. [Free ringtones.]
Mp3 ringtones. Free ringtones. Free sprint ringtones. Cingular ringtones. [Read More]

Tracked on 2007.04.10 at 06:55 PM

» 頭のよい子が育つ家 [communication cue.]
先日あまりの偏頭痛のひどさに救急車をタクシー代わりに使って病院に行き、看護婦さんの質問にも答えず「薬をください」と繰り返して周囲を困らせたダメ人間のキュウモトです皆さんお元気ですか。元気が一番です。...... [Read More]

Tracked on 2007.04.27 at 05:17 PM

» Easy way to buy hydrocodone online. [Buy hydrocodone online.]
Easy way to buy hydrocodone online. Buy hydrocodone online consultation. Buy hydrocodone online. Buy hydrocodone online without a prescription. Drugs online cheap hydrocodone buy. [Read More]

Tracked on 2007.05.01 at 06:32 PM

« 「子殺しの時代」を生きる ~坂東真砂子、子猫殺しの波紋~ | Main | ル・モンド・ディプロマティークのこと ~サヨクの新しい可能性~ »