« 安倍晋三の敗北と小沢一郎のサブマリン戦略 | Main | 安倍晋三的なものの敗北と日本の政治土壌 »

サブプライムローン破綻の諸相 ~見えない敵に怯えるアメリカ~

Home_auction 米国の低所得者向け住宅ローン、いわゆるサブプライムローンの破綻が思わぬ広がりを見せている。
この問題が顕在化した当初は、そのリスクは限定的なものと報じられていた。というのも米国の住宅ローンの残高は約10兆ドル、サブプライムローンはそのうちの約13%程度(1.3兆ドル)と見られ、仮にその10%が焦げ付いたとしても、1300億ドル(14兆円)であり、小さな額ではないが、日本のバブル崩壊に伴う不良債権額が100~130兆円といわれていたことを考えれば、コントロールできない規模ではない。

80年代後半の米国においても住宅バブルの崩壊を経験しており、その際は、多くのS&L(貯蓄金融機関)が破綻した。当時の米国当局は、銀行の取り潰しも含め、不良債権処理を積極的に進め、その迅速な処理が功を奏して米国経済は再び成長軌道に戻った。この時の不良債権処理のポリシーは日本が見習うべきケースとして度々言及されていたぐらいだ。

ガン細胞のように全身に転移した不良債権

しかし、今回の住宅バブルの崩壊は、かなり様相が異なっている。バブル崩壊時に発生した不良債権を癌に例えれば、80年代後半の米国では、外科手術によって切除すればよかったものが、今回は、全身にガン細胞が転移している様にも例えられる。
原因のひとつは、金融機関のローン債権の処理方法が変わったことにある。破綻した米国のS&Lや日本の住専(住宅金融専門会社)は、住宅ローンの債権を自ら保有していたが、現在の住宅ローン債権は、証券化されて、さまざまな投資ファンドや金融商品に組み込まれ、「見えないリスク」が生まれてしまったことだ。この背景には米国の金融機関はBIS規制をクリアするために、債権の証券化・流動化を積極的に進めたことがある。金融テクノロジーの進化もあって、サブプライムローンの債権は、様々な金融商品、ファンドに組み込まれることとなり、金融システムを「体」に例えれば、全身にガン細胞が転移したようなもので、誰もその確かな所在を特定できなくなってしまった。その結果、リスクを特定できないことの不安感が、金融市場全体の信用収縮を招き、リスク資産のリプライシング、株価の下落、更なる信用収縮という連鎖状況を生み出している。アナウンス効果を懸念してか、大手マスコミは大きな活字にこそしないが、世界は金融恐慌の瀬戸際まできている。

見えない敵、リスクに為す術のないアメリカ

一連の出来事の底流から発せられているのは「アメリカの限界」というメッセージである。本来は、リスク分散システムとして機能するはずの高度化した金融システムが、高度化ゆえにかえってシステム全体の機能不全リスクを高めてしまった現実に加え、米国の経済成長というものが、低所得層に対する住宅ローンとそれに付随した信用膨張という、極めて脆弱な基盤に依拠していたことに対する驚きと不安が、現在の市場全体のセンチメントとして広がっている。自由主義経済の覇者として世界の経済システム司っていたはずの米国にとって思わぬ落とし穴が潜んでいたといえるだろう。それは、ちょうど、イラク、アフガニスタン、中東でアルカイダ、ヒズボラといった国境を越えて活動する武装組織との戦いに呻吟しているアメリカの姿と重なる。地球上のどの建物であっても1mと違わぬ誤差で破壊してみせる圧倒的な軍事技術を持ち、イラクという「国」を易々と叩き潰すことができた帝国が、転移したガン細胞のように世界中に散らばった「見えない敵、リスク」に対しては為す術がない。
Ameica 「歴史のおわり」の著書で知られるフランシス・フクヤマが近著「アメリカの終わり」の中で、ネオコンとの決別を表明し、彼らの独善的な姿勢を次のように描いている。

「ネオコンの理論家たちは・・・・世界に対し『善意の覇権』を行使していると見ていた。世界に対して発するメッセージは『われわれを信頼せよ。何があなたたちにとって最善であるかは、われわれが知っている。たとえいまはわれわれの政策に賛同できなくても、いずれはわれわれが正しいことが分かるようになる』というものだ」

アメリカの引き籠もりが進行する?

こうした楽観主義あるいは独善主義と同質のものが、経済における新自由主義の中にも潜んでいたことは否めないだろう。グローバル・スタンダード、すなわち米国流資本主義こそが善であり、世界経済のヴィジョンを描くのはアメリカをおいて他にない・・・そうした独善主義のもとでは、グローバル化の果てに、その帰結として「見えないリスク」が生まれてくることは予想だにされていなかった。
フランシス・フクヤマの本の表題が象徴するように、今後、進むのは、アメリカの自信喪失であり、アメリカというヴィジョンの終わりであり、アメリカの引き籠もりといった現象になるかもしれない。基軸としてのアメリカ経済への信頼や彼ら自身の楽観主義が弱まることになれば、世界の金融、経済は停滞あるいは混乱を免れず、既に進行している現実だが、経済システムの多極構造化がさらに加速されることになるだろう。世界はその変化の軋みに耐えなければならない。

日本における住宅バブル崩壊の可能性

日本では、今のところ対岸の火事を眺めるような調子でこの問題が語られているが、無傷ですむことはありえないだろう。幸いとサブプライムローンを組み込んだファンド、金融商品の取り扱いが欧米に比べて少ないため、金融面での日本への直接的な影響は軽微といわれているが、もうひとつ見ておかねばならない問題がある。それは、日本においても米国と同様に住宅バブルが崩壊する日が近いということである。景気対策と称して、10年以上にわたり、低金利と住宅取得控除、住宅取得の優遇施策が続けられてきた。既に、住宅のストック数は過剰になっているにもかかわらず、新築住宅が毎年100万戸を超えるペースで米国並みに供給されている。30代の半ばを迎えた団塊ジュニア世代が住宅取得年齢に入ったために住宅市場は、今のところ活況を呈しているように見えるが、そのピークを過ぎると少子化が急速に進み、市場の収縮という地獄のふたが開くことは、住宅や建築業界の誰もが知っていることだ。

ここに、米国と同様、住宅ローンによる信用膨張が重なってくる。10年間にわたり住宅ローンが膨らみ続けてきたことが、日本の住宅取得ブームを下支えしてきたことは間違いない。その間、住宅金融公庫による融資が縮小され、民間の金融機関に移管されたために、銀行やローン会社は、一斉に顧客獲得競争に走った。さらに、グレーゾーン金利が廃止され消費者金融への融資パイプが細ったために、各金融機関の住宅ローンへの傾斜は、ますます顕著になっている。その結果、全国の銀行の住宅ローン残高は101兆円を超え、5年前に比べると3割も増加、史上最高の残高を記録している。火薬庫に火薬は積み上がっているのだ。
Photo リクルートの創始者、江副浩正氏が「不動産は値下がりする!」という本を最近出した。その中で、日本の住宅バブルの崩壊の導火線に火をつけるのは、「金利の上昇」になるだろうと予見している。90年代初めのバブル崩壊は、高金利の下で生じたので、金利を下げることによって、借り換えなどが可能になり、救済された人々が多かった。しかし、次に来る日本の住宅バブルの崩壊は、金利上昇とともに起こるので、かつてない過酷な状況が生じるのではないかと不気味な指摘をしている。

(カトラー)

|

« 安倍晋三の敗北と小沢一郎のサブマリン戦略 | Main | 安倍晋三的なものの敗北と日本の政治土壌 »

Comments

人類によるアメリカという実験が終了した、そんな感想をもってエントリー記事を拝読しました。必要でもない住宅を、必要でもない人に供給して、金融を動かす。本来誰のものでもない土地に、価値をつけ流通させる。練金の名の下に集合し離反する、生産と非生産を同時に繰り返すゼロサム社会。金という発明品を、本当に怨む時代になりそうです。

Posted by: あたり前 | 2007.09.03 at 10:10 PM

 この問題の背景にあるのは、増え続ける世界の余剰資金とそれを運用できる国がアメリカに限られているという現実です。そこから見えてくるものはアメリカの限界ではなく大きな可能性ではないでしょうか。アメリカがこの問題を為す術もなく放置するはずはないので そこまで悲観的にならなくてもよいと思います。すでに下院金融委員会の公聴会も開かれました。米国議会の積極的な動きは評価されてよいでしょう。こういった流れの中で対応策も絞られてきたようです。現在、全世界がアメリカの可能性に注目しているのだと思います。

Posted by: リトルボイス | 2007.09.08 at 11:58 AM

Highly energetic blog, I enjoyed that a lot. Will there be a part 2?

Posted by: Shanna | 2014.01.20 at 09:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20869/16308730

Listed below are links to weblogs that reference サブプライムローン破綻の諸相 ~見えない敵に怯えるアメリカ~:

» フランシス・フクヤマ [一人でお茶を]
カトラー:katolerのマーケティング言論 - サブプライムローン破綻の諸相 〜見えない敵に怯えるアメリカ〜 上の記事にフランシス・フクヤマのことが出ていたのを見て思い出したこと。 私はフクヤマの本をちゃんと読んだわけではなく、 「歴史のおわり」だかが日本でもそこ... [Read More]

Tracked on 2007.09.03 at 02:12 AM

» 投資資金の逃避先は世界中を探しても構造的に存在しなくなっている [にほん民族解放戦線^o^]
アメリカのサブプライムローンの焦げ付きによる影響が日本にも及び、大幅な株式暴落と円高が起きている(中国による米国債売りも絡んでいるとの話も…)。一旦は持ち直したようだが、この混乱は楽観視はできないだろう。 今後どうなっていくのだろうか。 「株式日記と経済展望」さんhttp://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu150.htm(8月18日)はこう予測している。 日本は経済力があるから1500兆円もの資産消滅が起きても何とか持ち堪えましたが、アメリカで株と不動産の暴落で資... [Read More]

Tracked on 2007.09.03 at 06:00 PM

» グローバル資本主義は何処へ向かっているのか?2 [貞子ちゃんの連れ連れ日記]
池田信夫Blogの新帝国主義を、以下、全文引用抜粋。 最近の世界の金融市場をめぐる混乱は、それほど大規模にはならないで収まりそうだ。その基本的な原因は、先日の記事でも書いたように、現代の国際金融市場ではファイナンスの世界がリアルな世界からアンバンドルされているからだろう。 このようにアジアの製造業から流入する資本をアメリカが世界中に再投資するグローバルなケインズ主義が世界的な好況の続く原因だ、と本書はいう。アメリカが「世界一の借金王」であるとともに世界中に資金をばらまく地球帝国の中心となるこの資金... [Read More]

Tracked on 2007.09.06 at 08:50 PM

» サブプライムローン問題はノンリコースローン制度と表裏一体。 [貞子ちゃんの連れ連れ日記]
アメリカのサブプライムローン問題について、日本国内でも多くの識者が語っています。しかしながら、アメリカの『ノンリコースローン(非遡及型融資)』制度については、日本国内の識者は全く語らない。 日本マスメディアもアメリカの住宅ローンについて語るとき、ノンリコースローンについては、全く触れないままだ。 実はアメリカの住宅ローンは、すべてノンリコースローンだ。 住宅の中古市場が発達しているアメリカでは、中古・新築を問わず住宅価格の公正な評価手法がかなり発達している。 このようなアメリカでは、住宅ローンにお... [Read More]

Tracked on 2007.09.06 at 08:53 PM

» [ゴーログ] 再びサブプライムローン問題が市場を動かす! [週刊!木村剛 powered by ココログ]
 皆さん、こんにちは。木村剛です。先週末の米国市場において、サブプライムローン問 [Read More]

Tracked on 2007.09.10 at 09:03 AM

» なんと冨さんが・・・。 [多重債務]
冨さんから手紙で連絡があり、今日住宅ローンの申込みを銀行にだすそうじゃ。ワシに相談もなく突然の行動にワシは思わず入れ歯が飛び出しそうになってしもうた。昨日、一緒に囲碁を打っておったのだからその時に相談してくれれば切手代80円もかからずにすんだのにのぅ。ところでこの冨さん、サラ金関係で合計600万円ちょっと借り入れがあるにもかかわらず、ええ根性しとるもんじゃ。さっき糸電話で冨さんと話しをしたのじゃがワシ「冨さん、銀行大丈夫なのか??」冨さん「大丈夫じゃ、当たって砕けろじゃ!!!...... [Read More]

Tracked on 2007.09.10 at 12:24 PM

» ビジネス [期間限定]
提案 サイエンス どんぐり [Read More]

Tracked on 2007.09.13 at 11:32 AM

» [ゴーログ] 日本版サブプライムローン問題がいずれ火を噴く! [週刊!木村剛 powered by ココログ]
 皆さん、こんにちは。木村剛です。「カトラー」さんが、サブプライムローン問題に関 [Read More]

Tracked on 2007.09.14 at 09:02 AM

» 住宅ローン再考。 [貞子ちゃんの連れ連れ日記]
私の今年の2月6日のブログ記事WEB2.0時代の直接金融と住宅ローン再考を、一部抜粋して、張りなおして起きます。 (以下、一部抜粋 引用 始まり) 今現在 住宅ローンで住宅購入を考えている方は、下記の三つのブログ記事そのものも とても参考になりますが、コメント欄をも熟読してください。いろいろと参考になると思います。賃貸か、持ち家か、あるいは、どうしても『心情的持ち家派』の場合は、自己破産しないためには どんなローンを組んではいけないか? とても参考になると思います。けっこう そこそこの職業に就いた... [Read More]

Tracked on 2007.09.14 at 04:49 PM

» FRB議長、米経常赤字は長期的には持続不可能と表明。 [貞子ちゃんの連れ連れ日記]
FRBのバーナンキ議長は、11日ベルリンで、『アメリカ経済にとって、巨額の対外債務は、現在は目立った重荷ではないが、経常赤字は長期的には持続不可能である』との見方を示した。↓ 米経常赤字は長期的に持続不可能=FRB議長 [ベルリン 11日 ロイター] 米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長は11日、巨額の対外債務は米経済にとって現在、目立った重荷ではないが、経常赤字は長期的には持続不可能との見方を示した。  議長はベルリンのドイツ連銀での講演原稿で「米国の債務返済能力と海外投資家の米資産保有姿... [Read More]

Tracked on 2007.09.14 at 04:51 PM

» ビリーズブートキャンプ [ビリーズブートキャンプの紹介]
7日間で集中エクササイズプログラム [Read More]

Tracked on 2007.09.22 at 01:06 PM

» 消費者金融の金利を引き下げる方法 [消費者金融の金利を徹底分析]
消費者金融の金利、高いですよね。でも、その消費者金融の金利を引き下げる方法があるのをご存知ですか?消費者金融から借り入れして返済が厳しくなった場合に、弁護士や裁判所に間に入ってもらって行う特定調停というものが、それに当たります。消費者金融の金利は、出資法に基づいて決められていますが、特定調停ではそれを利息制限法による金利で計算しなおします。出資法よりも利息制限法の方が金利が低いため、結果、消費者金融の金利が下がるということ�... [Read More]

Tracked on 2007.09.22 at 06:20 PM

» サブプライムローン [住宅ローンの走り方]
サブプライムローン(米:subprime lending)は、主にアメリカ合衆国において貸し付けられたローンのうち、優良顧客(プライム層)向けでないものをいう。狭義には、住宅を担保とする住宅ローンに限定されるが、広義には、自動車担保など住宅以外を担保とするものを含む。一...... [Read More]

Tracked on 2007.09.24 at 03:15 AM

» 金利上昇のリスクをコントロールするあっと驚く方法とは!? [20代でもできる不動産投資:20代のダメサラリーマンですら、アパートを一棟丸ごと買うことができた驚異の不動産投資法]
★ローンのレバレッジを10倍いかすために金利上昇のリスクをコントロールするあっと驚く方法とは!? ローンのレバレッジ(てこの原理)を最大限いかすのがお金持ちになるための不動産投資です。でもそのときに注意しなければならないのがローンの金利です。ローンの金利を完璧にコントロールすれば、10倍以上のレバレッジをかけるのも全く問題ありません。金利上昇のリスクをあっと驚くやり方でコントロールする方法とは!?... [Read More]

Tracked on 2007.09.28 at 07:57 AM

« 安倍晋三の敗北と小沢一郎のサブマリン戦略 | Main | 安倍晋三的なものの敗北と日本の政治土壌 »