« 耐震偽装問題の彼方に見える「住宅金融革命」という陰謀? | Main | 日本農業の出口 »

「未来都市」群馬県・大泉町のCANTA GALO

Nishikoizumi_canta_galo 群馬県の東武伊勢崎線、館林駅から小泉線という単線が西に向かって伸びている。その小泉線の終着駅、西小泉駅に降り立つと目の前に立ち現れる光景に誰もが驚かされるだろう。
昔の西部劇映画に出てくるような、三角屋根の駅舎には、30分間に一本程度しか電車が往復しないので、人影もまばらで駅員もいない。駅前の広場に降り立つと、立ち並んでいる商店にポルトガル語の看板が掲げられていて、ここが日本とはとても思えない景色が広がる。

群馬県、大泉町。人口約42,000人のうち、日系ブラジル人を中心とした外国人が15%(6,300人)を占める。日本の中でも外国人密度が最も高い町だ。町には、富士重工業、三洋電機などの工場を中核とした工場団地があり、多くの日系ブラジル人が工員として働いている。大泉町も他の地方都市と同様に過疎化と高齢化が進んでおり、バブル経済時代にかけて深刻な労働力不足に見舞われ、1990年に入管法が改正されたことを機に、当時の大泉町長や商工関係者が奔走し、日系ブラジル人の積極的な受け入れに動いた。「彼ら(日系ブラジル人)が出稼ぎに来てくれなかったら、とうに町は廃れていたはず」と関係者は当時の状況を振り返る。

日系ブラジル人を受け容れ、外国人比率15%

Blazill 外国人比率は15%ということだが、西小泉駅の周辺を歩いて見ると、すれ違うのはブラジル系の人々ばかりで、日本人の住民の姿形がほとんど見あたらない。
その理由は、日本人の住民が徒歩で移動しなくなったからだ。モータリゼーションが進み大泉町でも、今や大半の住民の足はクルマとなった。郊外の幹線道路沿いには、ショッピングセンターやロードサイド店が立ち並び、日本人の住民は、西小泉駅周辺の商店街を敬遠して、駐車場などが完備した郊外に足をのばすようになった。

本当なら、他の地方都市のように西小泉駅周辺も、シャッター通り商店街になっていたのだろうが、その空白を埋めるようにポルトガル語の看板を掲げた店が次々とオープンし、さながらブラジルタウンのような様相を呈しているのだ。
Blazill2

大泉町を訪れたのが、週末だったこともあり、町には全体にのんびりムードが漂っていた。駅から数分歩いた所に、ブラジルの食品や生活用品を扱う「ブラジルセンター」がある。ここも、潰れた電気用品販売店の建物を利用したブラジル人向けショッピングセンターだが、ブラジルでしか手に入らないような食材や加工食品、衣料品ショップなどが並び、ポルトガル語とサンバミュージックが飛び交っている。

「出稼ぎ者」の「移民化」が進行している

日本の中のリトル・ブラジルとして知られるようになった大泉町だが、様々な問題も生じている。人手不足を補うために呼び寄せられた日系ブラジル人たちは、当初は「出稼ぎ」といわれたが、家族なども日本に呼び寄せる「定住者」が、ここ4~5年で増加し、中には住宅、不動産を購入する「出稼ぎ者」も現れているという。その結果、定住=移民化に伴う問題が発生している。例えば、日系ブラジル人の子供たちの中には、日本語ができないために就学できなかったり、非行に走るケースも出ている。大泉町における外国人による犯罪件数も増加傾向にあるという。
日系ブラジル人を当初は「出稼ぎ」労働力として受け容れた大泉町だが、その後の定住化に伴う問題に対処していくためには、一地方自治体の立場だけでは明らかに限界が生じているといえるだろう。移民を受け容れている他国の状況と同様に、大泉町でも日本人住民との融合、コミュニケーションのあり方が問題になっている。もともと、出稼ぎを前提としているために、居住地区なども別々であり、日系ブラジル人と日本人住民が交流する場が少ない。職場でも彼らは深夜労働など日本人が嫌うキツイ現場に投入されてきたので、結果的に、日本人の工員とほとんど顔を合わすことが無いのだという。

ディスコミュニケーションが招く日本人住民との緊張関係

こうしたディスコミュニケーションは、日本人住民との間に緊張関係を生み出す。ポルトガル語の看板を掲げて商売をする外国人経営者に対するやっかみが生まれたり、逆に外国人犯罪に対する行き過ぎた警戒感なども生まれてきているのだという。
大泉町では、住民の15%を占める外国人との「共生」を推進するという立場が堅持されてきたが、「共生積極推進派」の町長にかわり、大泉町を「ふつうの町」にすると主張した現町長が当選し、毎年続いていた夏のサンバカーニバルが中止されるなど、微妙に行政の姿勢も変わりつつある。誤解を与えてはいけないが、新町長も、外国人との共生を否定しているわけではない。既に実態として「移民化」している日系ブラジル人たちが、この国で暮らしているという現実に対して、一市町村の立場で対応するのには、もう限界がきているという主張を展開しているだけだ。
「日系ブラジル人がいなければ、大泉町は工場に労働力を供給できなかった」と町の人が言っていたが、大泉町が存続していく上で日系ブラジル人に代表される外国人労働力を受け容れる、容れないという選択肢が存在したわけではない。彼らの存在がなければ、西小泉駅の周辺や商店街は、とっくにゴーストタウン化していただろう。

ブラジルYAKISOBA(やきそば)を求めて

Yakisoba 大泉町にまで足をのばしたのは、ひとつ目的があった。「YAKISOBA(やきそば)」だ。

このYAKISOBAのことは、雑誌「ソトコト」の記事で知ったのだが、大泉町には、ブラジルから里帰りした「ブラジル風やきそば」を出しているレストランがあるのだという。ブラジルに渡った日本人がブラジルでやきそばを広め、それが日本に里帰りしたのかなと思ったが、実際は、ブラジルの中国人が、レストランで日系移民を相手に「YAKISOBA」というメニューで出したのが定着したものらしい。

大泉町のYAKISOBAレストランは、駅から5~6分ほど歩いた所にすぐ見つけることができた。昼時からは、少し回っていたが、かなり混み合っていた。見渡すと日系ブラジル人はもちろん、中国系、東南アジア系などさまざまな顔つきをした客がいたが、日本人はわれわれしかいない。
Yakisoba3

さっそく注文した「YAKISOBA(ブラジル・やきそば)」(写真)は、広東風?のあんかけ焼きそばで、見ての通り、野菜もたっぷりで、なかなかいける。「牛肉が入っているのが、ブラジル風なのか?」と思ったりもしたが、どこにブラジルのスピリッツが込められているのかは、ちょっと不明。日系ブラジル人の店長、植村さんによると、日本人の口に合うように味付けは淡泊にするなど工夫しているのだという。そのかいがあってか、最近では、YAKISOBAめあての日本人客も増えてきたという。

大泉町をブラジルYAKISOBAの町に!

食べ物というのは、うまい、まずいで通じるから実にわかりやすい。もともとは日本の食べ物だった「焼きそば」が、ブラジルに渡り、中国人の手を経て、現地の食材も取り込みながら、「YAKISOBA」としてブラジルに定着した。

そして、数十年の年月を経て、日本に里帰りし、あらためて日本とブラジルを架け橋するメニューとして人気をよんでいる・・・というのは、なかなか感動的な話だ。ラーメンや餃子で地域・町おこしをするのが流行だが、大泉町は、この「ブラジルYAKISOBA」の物語をメッセージとして発信すれば、町の名物として売り出すことができるのではないか。

Saaikou

来年2008年は、ブラジルへの日本人の移民が渡り、交流が始まって、なんと100周年にあたるのだという。
100年前の日本人は、心を世界に開き、「新天地ブラジル」に身一つで飛び込んでいった。
今は、ちょうど反対のベクトルの力が働いている。大泉町が、町の存続をかけて、日系ブラジル人の受け容れに動いたように、日本も世界に向かって、100年前の日本人のように、心を開けるかどうかが問われている。

大泉町が様々な問題に直面しているように、外国人を受け容れるということは、きれい事だけではすまない。しかし、明らかなことは、われわれには、もはや選択肢は残されていないということだ。この国の存続と持続的な成長のためには、海外の才能や労働力を積極的に受け容れていくしか道はない。その意味で大泉町の姿は、われわれにとっての「未来像」といえるだろう。

大泉町で行き交う、ブラジル人たちは、皆一様に明るく、せせこましいところがない。
生活は苦しく、色々な問題を抱えているのだろうが、そんなものを吹き飛ばしてしまうような底抜けの笑顔がある。そうした笑顔に触れたせいだろうか、西小泉駅に戻り、大泉町を離れる頃には、妙に元気になっていることに気がついた。
もし大泉町に行くことがあったら、駅前の看板に注目してほしい。今も掲げられているその看板には、ポルトガル語でこう書かれている

「CANTA GALO (雄鶏は鳴き、日は昇る)」

そうなのだ、何があったって、夜明けの来ない日はない。シンプルだが、心に沁みるいい言葉だ。

(カトラー)

|

« 耐震偽装問題の彼方に見える「住宅金融革命」という陰謀? | Main | 日本農業の出口 »

Comments

おひさしぶり、でお邪魔いたします。
>何があったって、夜明けの来ない日はない。
すばらしいフレーズですね、心にしみます。
縁あって、大泉町は何年かに一度お邪魔しますが、また行ってみたいです。
うまく言えませんが、この国の未来は、こういうキモから開けていくのではないでしょうか?
型にはまった、ウザイ議論は願い下げです。

Posted by: 北村隆男 | 2007.10.27 at 05:02 PM

北村さん、こちらこそお久しぶりです。大泉町に何度も行かれているのですね。YAKISOBAは召し上がられましたか?地元の日本人の住民には、あまり知られていないようなのです。こんなストーリーのある食べ物を埋もらせておくのは、もったいない気がします。来年は、交流100周年ということなので、ぜひ、こういうものを全国区で流行らせたいものです。
北村さんのおっしゃる通り、型にはまったウザイ議論は願い下げです。ごちゃごちゃいう奴には、黙ってブラジルYAKISOBAを食ってみろ!と言ってやりましょう。

Posted by: katoler | 2007.10.29 at 12:46 AM

おいしそうなヤキソバの写真です。
カトラーさんは写真がお上手ですねえ

Posted by: のしのし山女子大生 | 2007.10.29 at 07:30 PM

日本で発祥し、ブラジルで愛用されてスタイリッシュになって世界のビーチで親しまれるようになったゴム草履も、ヤキソバに似たものがあります。

Posted by: 豚ちゃん | 2007.10.29 at 07:43 PM

のしのし山女子大生さん、おほめの言葉ありがとうございます・・・といいたいところですが、実はこのYAKISOBAの写真は小生が撮影したものではありません。自称、「ひよこ好きの熟女ギャル」さんという方が撮影したものを、おいしそうに撮れていたので、使わせていただいたものです。撮影者の名前を紹介するべきでした。
のしのし山さんといい、ひよこ好きの熟女ギャルさんといい、皆さん、クールなハンドルネームを考えられますね。

「豚ちゃん」さん、コメントありがとうございます。
ゴム草履ですか、興味深いですね。
ホームページなどあれば、教えてください。

Posted by: katoler | 2007.10.30 at 07:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20869/16884760

Listed below are links to weblogs that reference 「未来都市」群馬県・大泉町のCANTA GALO:

» [ゴーログ] 移民問題とC型肝炎の類似点 [週刊!木村剛 powered by ココログ]
 皆さん、こんにちは。木村剛です。「カトラー」さんが、群馬県の小泉線の終着駅であ [Read More]

Tracked on 2007.11.09 at 10:32 AM

« 耐震偽装問題の彼方に見える「住宅金融革命」という陰謀? | Main | 日本農業の出口 »