« 青白き「真正保守」の敗北と保守再建 | Main | 「未来都市」群馬県・大泉町のCANTA GALO »

耐震偽装問題の彼方に見える「住宅金融革命」という陰謀?

Fuyushiba

【改正建築基準法】自民党が改善を要請、冬柴国土交通大臣は制度見直しを否定

建築基準法改正に伴い建築確認の停滞などが生じている問題で、自由民主党国土交通部会は10月4日、冬柴鉄三国土交通大臣に対し、確認制度の見直しを含めた改善策を検討するよう求めた。 (nikkeibp.netより)

今年の6月に改正された建築基準法の運用をめぐって、建築業界が大変なことになっている。

耐震偽装問題などが、社会問題化し、行政の対応も問題視されたことから、もっと規制を強化する必要があるとして、建築基準法が改正されたのだが、その運用についても著しく厳格化され、家づくりの現場から悲鳴の声が上がっている。

家を建てた経験がある方なら誰でもおわかりになると思うが、建物を建てる時には、それぞれの自治体に事前に建築確認申請を提出し、建築確認を受ける必要がある。いったん申請した設計プランに変更などが生じた場合、従来は、現実に即してある程度柔軟に対応されていたものが、この6月からは、申請途中の設計変更や、現場での仕様の変更などが一切認められなくなってしまった。
仮に設計変更などが必要になった場合は、最初から建築確認申請を出し直さなくてはならない。その結果、工事の遅延や、いつになったら、建築確認が下りるかという目処もたたないという状況が、各所で発生しており、8月の住宅着工戸数がマンションで6割、戸建てで3割も落ち込むという、とんでもない状況に陥っている。

大幅な落ち込みを見せる住宅着工戸数

当初、国土交通省は、遵法精神にのっとって法律の運用を厳格化することが社会的にも求められていると開き直っていたが、社会的な批判が高まり、冬柴国土交通大臣が釈明するという事態になっている。しかし、役所の対応は常にそうだが、今回の大混乱の責任が役人にあるとは口がさけてもいわないわけで、あくまでも新制度移行時の過渡的な問題であり、現場が新制度に習熟すれば、問題も収拾されるという態度を変えていない。

以前、このブログで「あたり前の家ネットワーク」のことを取り上げたが、そのことが縁で、このネットワークの会員で、東京町家という高名なブログを立ち上げておられる迎川さんとブログによる往復書簡をはじめさせていただいた。工務店の経営にも携わり現場の問題も熟知されている迎川さんから建築業界が大変なことになっているということを聞き、以下のような文章を書かせてもらった。

●カトラーより : コンプライアンスよりコモンセンス
「・・・昨年の夏のことを思い出すと、建築業界を揺るがした耐震偽装問題の公判が始まり、日本中の目が集まりました。それから1年が経過し、この6月20日 には、この事件が契機になったといってもよい改正・建築基準法が施行されましたが、とんでもない混乱が家づくりの現場で起きているようです。・・・(中略)・・・

そもそも、建築基準法というもの自体が一般人にとっては馴染みが薄い存在です。特に、私が住んでいる下町などでは、もともと違法建築物が多く、大工 さんなども基本的には「法律じゃあ家は建たねえよ」という調子ですから、建築基準法などは、時々拝んでればよい「ご本尊」みたいなものとして考えられていました。
それが、今般の「改正」では、建築基準法を厳しく遵守することが行政側や業者に求められているようなのです。ご本尊どころじゃない、強面のお巡りさんが突 然現れたという感じでしょうか。日本中を揺るがした耐震偽装問題ですから、法律の運用を厳しくするのは当然かもしれないと思う一方で、大企業などで導入さ れている「コンプライアンス(法令遵守)」などという窮屈な考え方を家づくりの現場に持ち込むことには大きな疑問を感じます。
確かに、地震の際などに人の命に直接関わる建物の構造などについては、法律に基づくチェックを厳しくすることが必要と考えますが、内装用のクロスの 品番まで、大臣認定がとれたものかどうか、建築確認申請の段階で役所から確認書類を求められたというような話まで聞こえてきます。・・・(中略)・・・『コンプライアンス』とは、内部統制が組織の隅々までききにくい大企業を対象に言われはじめたことであり、家づくりの現場には馴 染むものではないと思います。下町の大工の棟梁が「法律で家は建たない」といっていたのは大変正しくて、その真意は、何も法律を破ってもいいということで はなく、法律以前に大切にしなくてはならないものが、家づくりの現場にはあるということなのではと考えています。

それは、迎川さんたちの活動に即していえ ば、家づくりに欠かせない『コモンセンス(あたり前)』ということなのだと思います。コンプライアンスよりもコモンセンスのほうが、家づくりにとっては必要なのではないでしょうか」

こう書きながら、釈然としないものが、ずっとひっかかっていた。今回の改正建築基準法をめぐる大混乱は、基本的には、役所の準備不足、怠慢に起因すると考えられるが、ここまで社会的な混乱を生じさせながら、なおかつ態度をあらためようとしないのは、他に隠された政治的意図があるのではないか。深読みすれば、その意図のためにこうした混乱をあえて生じさせているのではないか・・という疑問である。
そんな疑問に対して、迎川さんからこんな驚くべき回答が返ってきた。私の釈然としない、ひっかかりに見事に答えてくれているのだが、それはとんでもないホラーストーリーだった!

●迎川さんから : 建築基準法改悪による混乱
「悪い夢を見てしまいました。これは夢ですからあくまでもフィクションです。

A;両国の経済発展のために取り交わした年次要望書に従った法改正は進んでいるんだろうな!
N:・・・それが、大蔵がなかなかいい顔しなくて・・・努力しています。
A:そんな事言ってるからだめなんだよ。我が国が大恐慌の時どんな政策を採って社会秩序を立て直したか知っているだろう。今それを断行しなきゃ、あなたの国の将来は無いね。
N:ニューデール政策はもちろん知っていますが、なかなか日本の社会に馴染まなくて・・・。
A:大蔵に遠慮して、未だに人の命を担保に住宅資金を貸しているなんて、話にならんよ!
N:それは判っているんですが・・・なにしろ大蔵が。
A:その結果がどうだ。保証責任能力も無い建築家や工務店がはびこり、いい加減な家をつくるから、住宅は使い捨てにされちっとも社会ストックにならないの だよ!ニューデール政策を断行した我が国は、平均で75年以上の住宅耐用年数なのに、日本はその3分の1しか持たないじゃないか。いつまでこんな無駄を続 けるつもりだ!
N:早急に国会に建築基準法改正案を提出して・・・。
A:法案が通る見通しがあるのか?今回だけはなんとしてもノンリコースをやってもらわないと困るんだ。こっちとしても、サブプライムがかなりやばい事になっているんだ。時間が無いんだよ!
N:はぁ、早急に善処しますので・・・。
A:そんなんじゃ困るんだよ、日本の金融は大蔵が守ってくれたおかげで、よだれが出るほど美味しい市場になっているんだからな。ちょっとこっちに来なさい・・・・・・。
N:え~ぇっ・・・そんなぁ、無理ですって。大変なことになりますよ。
A;じゃ、他に名案があると言うのかね。
N:いや、それは・・・。
A:やる気ないんじゃないか!耐震偽装しているマンションの一つや二つあるだろう。直ぐに探せ!
N:は、はい。判りました。
A:もう一度言う、人の命を担保に金を貸すのは間違えだ。きちんとした建物の建築基準を創り厳格な検査を行い、資産価値のある住宅にして住宅自体が担保に なるようにしなくては社会資本にならない。長期に渡りその機能を維持し資産価値が残る家をつくる為のチェックリストを早急にまとめなさい。ニューデール政策の時に創った基準があるから、これを下敷きにしなさい。
N:はぁ・・・。
A:欠陥マンションで不安を煽れば、マスコミも動き、大蔵だってノンリコースを認めないわけにいかないだろう。ローンのために危険なマンションに住み続けるなんて馬鹿げている。ノンリコースにすれば、欠陥マンションから出てしまえばもうローンから開放されるんだから、新しい生活に歩み出せるんだ。
N:なるほど・・・。
A:これで日本からわけのわからん粗悪な住宅も無くなり、社会ストックが重ねられる。そうなれば我が国の金融機関が大手を振って住宅市場を席捲できる。・・・・・(後略)・・・」

迎川さんが見た、「悪い夢」によって、怖いぐらいに私の中で引っかかっていた疑問は氷解した。
新築住宅が、年間100万戸という米国並みの日本の住宅市場、正確には、その巨大な「住宅金融市場」を某国のために開放するという狙いが、現在の混乱状況の下図として存在するとしたら、これは大変な陰謀といえまいか。

サブプライムローンの破綻が、伝えられているが、某国の住宅ローンの基本になっているのが、ノンリコースローンである。この場合、住宅(不動産)の価値は収益性によって換算される。ある住宅が、賃貸市場において、年間100万円の賃料が稼ぎ出せる物件で、その時の金利を仮に5%とすれば、この住宅は2000万円(100万円÷5%)の資産価値があるものと見なされる。迎川さんの悪夢においても紹介されているように、この場合の資産価値は、物件の収益性に依拠していて、個人の返済能力に依拠する日本の一般的な住宅ローン(遡及型リコースローン)とは大きく異なっている。
そして、収益性と金利という2つのパラメーターで評価されるということは、不動産(住宅)も他の金融商品と同じ土俵で証券化されることを意味し、今般のサブプライムローン破綻によって明らかになったように、証券化された住宅ローンは、グローバルマネーの流れに乗って、世界中にばらまかれていくことになる。金融超大国である某国にとって、日本の巨大な住宅市場が、金融によって風穴が開けられ、グローバルマネーの流れに組み込まれることは極めて魅力的に映るだろう。
迎川さんは、「悪い夢」とあえて表現されているが、これは、かなりの確率で正夢になるのではないか。

急速な縮小が予想される日本の住宅市場

そう考える理由はいくつかある。第一には、日本がこれから迎える急速な少子高齢化とそれに伴って業界再編が進むことだ。現在の年間100万戸に達する住宅市場は、今後10年間で50万戸程度まで縮小するともいわれている。マーケットが半分になるのが確実なのだから、当然、業界では大きな再編や淘汰が進むことになるだろう。耐震偽装問題を機に規制を強化し、「法令遵守(コンプライアンス)」を踏み絵にして、業者の選別・淘汰を進めるという当局のシナリオが透けて見えてくる。具体的には、工務店の切り捨てが進行することになるだろう。このシナリオに基づけば、いくら腕が良くても関係ない、役所の指示や、それに必要な書類をちゃんと準備できない大工や工務店は、さっさと退場していただきましょうということになる。
こうして住宅建設のプロセスが標準化、形式化されることは、他方で住宅の資産としての評価を容易にする。すなわち、建物としての性能評価と市場における収益性評価という2軸が構成できれば、住宅そのものに担保価値を持たせて、ファイナンスするノンリコースを導入する基本条件が揃うことになる。

日本の銀行もノンリコースローンに飛びつく?

日本の一般住宅市場に、個人の返済能力ではなく、住宅そのものの資産価値を担保とするノンリコースローンが導入されることになれば、それは確かに「日本の住宅金融革命」といってもよいインパクトを持ちうるだろう。

迎川さんの「悪い夢」が正夢になる可能性が高いといえる、もうひとつの理由は、そうした「住宅金融革命」を日本の金融機関も歓迎することが予想されるからだ。金余りといわれる現在、大手銀行にとって、消費者金融と住宅ローンが、集まった預貯金の運用先として数少ない成長分野になっている。このまま住宅市場の縮小を黙って見ているほど日本の銀行もお人好しではない。ノンリコース型の住宅ローンが融資を拡大できる切り札になる可能性があるならば、何の躊躇もなく飛びつくに違いない。実際、米国では、このノンリコース型のサブプライムローンが住宅ブームを支えた。その結果、返済能力の無い人々まで住宅取得に走ったために、破綻をきたし、世界経済を揺るがしていることは、知っての通りだが、そうした前例があるにもかかわらず、日本の金融機関としては、色々、もっともらしい理由や制限をつけて、このサービスを導入したがるだろう。

問題は、「住宅金融革命」が正夢になった時、一般生活者にとってそれは、それは、「良い夢」なのか、それとも「悪夢」になるのか、ということだ。

私自身は、自分が過去においてハウスメーカーに家を建てさせた経験から、家というものを商品として扱うハウスメーカーのようなサラリーマンの手に委ねるべきではないと考えている。家とは、自動車のようにカタログに並べて売りまくる商品ではなく、それぞれの家族の生活史や地域の文化を背負った作品だと思っている。「住宅金融革命」によって、腕のいい工務店が排除され、日本中、顔の無い同じような住宅が幅をきかすことになるのなら、そんな「革命」は、まっぴらごめんだ。

(カトラー)

|

« 青白き「真正保守」の敗北と保守再建 | Main | 「未来都市」群馬県・大泉町のCANTA GALO »

Comments

この問題、「戸建住宅」と「集合住宅」は切り分けて考える必要があると思います。
知人で(姉歯物件よりもっと前から)ある分譲マンションの深刻な問題と闘って苦しんでいる方がいますし。
戸建でも、世の中「腕の良い信頼できる地元の工務店」
だらけだったら理想ですが、そんなことないですよね。
<地震国>に米国の基準を持ち込まれても困りますが、人生最大の買い物には100年の耐用年数を望みたいです。自分には家を買うという日は一生来ないと思いますが。

Posted by: ちょっと気になりまして… | 2007.10.14 at 09:06 AM

うーん、分譲・賃貸は大手に。
それ以外は施主指導の体裁で300万以下の小口発注に、かな?
現実的じゃないけどセルフビルドが良いよ

Posted by: トリル | 2007.10.14 at 11:04 AM

権力者は「時計の針を回す」能力を有した人々です。今回の改正は、戦後の大政策である、100万戸の住宅建設の政策転換が開始されたと考えるのが穏当です。着工数が減ったとしても、住宅政策が国家の経済政策の根幹である点は、間違いありません。「100万戸の粗製濫造から長耐久性の資産型住宅へ」この政策転換ではないでしょうか。一見、この政策転換は耳障りがよく、消費者のマインドを動かしそうです。福田首相は、「200年住宅」の推進者でもありましたし、所信表明演説でも「生産者理論から消費者理論への転換」という一節が仕込まれていました。

しかし、その背景には1000兆円を超える日本人の個人資産の行方を巡って、激しい資本・金融戦争が仕込まれているとしたら、見方も変わってくるでしょう。

Posted by: あたり前 | 2007.10.14 at 12:37 PM

>それぞれの家族の生活史や地域の文化を背負った作品
数世代に渡って一つの地域で暮らすのなら兎も角、核家族化以降の家なんて、所詮一世代が住んだら終わりだから、そんな大層なものでもないような。
終身雇用も右肩上がりの給料も崩壊した昨今、日本型の「遡及型リコースローン」って維持可能なのか?って方がよっぽど疑問です。

Posted by: とおりすがり | 2007.10.14 at 08:39 PM

ご紹介ありがとうございました。
カトラー流の包丁さばきで、私の荒い素材を美味しく調理していただきまして感謝します。私自身読んでいて、自分の中で漠然としていた部分の霧が晴れるのを感じました。

今回の法改正は、アネハ問題に対応しただけにしては大げさすぎ、現場がこんなに混乱しているのになんら対策が出ないことに不自然を感じています。
こんな時、私の癖で、この法改正で得するのは誰かと考えた時、日米間の『年次改革要望書』が頭をよぎり、これは建築の問題ではなく、実は金融の問題だったんだと仮説を立てました。

こんな事で一定に高品質で高耐久な金太郎飴みたいな家が日本中に建って、それが国民にとって本当に豊かなのかと疑問に感じています。

Posted by: 東京町家 | 2007.10.15 at 10:44 PM

東京町家さん、皆さん、コメントをありがとうございます。
10月14日付けの朝日新聞が、1面トップで、改正建築基準法をめぐる問題をレポートしていました。この問題に社会の関心が集まることは、基本的によいことだと思います。
「新制度の方針そのものは間違っていない」が「設計者を信頼せず書類のあら探しに終始するのは問題だ」という東京工業大学の和田教授のコメントを引きながら、役所の対応についても疑問を呈するという内容になっていました。
他のメディアも含め、批判を受けはじめた役所の対応ですが、耐震偽装問題で批判を受けたことに対するアリバイづくりという面が強く、「行きすぎるぐらい規制をやっている」という形で受け止められかたをすることは、実は既に織り込み済みで、本心では歓迎していることなのかも知れません。コンプライアンスをいうことは、確かにわかりやすいですが、家づくりやものづくりの能力を退化させることにもつながりますね。

Posted by: katoler | 2007.10.16 at 08:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20869/16752778

Listed below are links to weblogs that reference 耐震偽装問題の彼方に見える「住宅金融革命」という陰謀?:

» セフレ即ハメ [セフレ即ハメ]
セフレ即ハメ [Read More]

Tracked on 2007.10.14 at 06:59 AM

» SBIモーゲージから、コンサルティングサービス [住宅ローンの借り換え、金利、ローンの徹底比較]
住宅ローン借換への近道、SBIモーゲージから、コンサルティングサービスです。その特徴は、1.約500種類の金融商品の中から比べて選べます。2.経験豊かなプロのコンサルタントが、ピッタリの商品を無料でアドバイスます。3.面倒な事務手続きもお手伝いしてくれ…... [Read More]

Tracked on 2007.10.14 at 11:06 AM

» ジェイモーゲージバンク住宅ローン申込プログラム [住宅ローンの借り換え、金利、ローンの徹底比較]
ジェイモーゲージバンク住宅ローン申込プログラムについて、ご紹介します。ジェイモーゲージバンクが住宅金融支援機構と連携して実現した、長期固定金利の住宅ローン商品となっております。「業界最低水準の適用金利」「業界最低水準の融資手数料」がこちらの注…... [Read More]

Tracked on 2007.10.14 at 07:47 PM

» 住宅ローン、その借入・借換で大丈夫? [キャッシング 申込サイト キャッシング情報箱]
住宅ローン、その借入・借換で大丈夫? <SBIモーゲージ>なら完全固定金利<最長35年2.80% >! お得で簡単インターネットご相談お申込み ☆SBIモーゲージ スーパー【 フラット35 】☆ 1.35年固定金利2.80% 2.繰上返済手数料≪無料≫ 3.インターネットで簡単手続き まずはお気軽にご相談お申込みから[無料] 住宅ローンでお悩みの皆様、まずは相談 ... [Read More]

Tracked on 2007.10.14 at 08:11 PM

» 地方では家すら建たなくなるということか [kazgeo::10%ダイエット]
 以下,katolerさんのブログエントリーからの引用。 日本がこれから迎える急速な少子高齢化とそれに伴って業界再編が進むことだ。現在の年間100万戸に達する住宅市場は、今後10年間で50万戸程度まで縮小するともいわれている。マーケットが半分になるのが確実なのだ... [Read More]

Tracked on 2007.10.15 at 12:07 AM

» アネハ問題は金融問題 [OMソーラーの家「東京町家」]
中里さんの基準法改正に怒るという記事を基に書いています。 新設住宅着工戸数 マンション分譲住宅着工戸数 建築基準法改正の不手際で、建設業界が大混乱している。 その怒りは中里さんに譲って、もう少しこの問題を掘り下げてみようと思う。 まずは上記表(クリックすると大きくなります)をご覧ください。 中里さんが怒った7月よりも8月は更に被害が拡大している。 まずは持ち家(戸建て注文住宅が中心)で約1/3の職人が、これから仕事にあぶれる。 マンションはもっとひどく、約2/3の建設労働者が仕事... [Read More]

Tracked on 2007.10.15 at 10:49 PM

» 他社借入7件以上でも融資可能。アイアイユニバーサルキャッシング [頼りになるクレジットカード・消費者金融の選び方]
アイアイユニバーサルキャッシングは、 借入れの対応が迅速です。 審査後1時間以内での振込をしてくれる、 超スピーディなキャッシングです。 ■振込ローン   アイアイユニバーサルキャッシングの振込ローンは、 日本全国どこでも、指定の口座があれば審査終了後、 1時間以内で振込をしてくれます。 24時間インターネットからの申し込みも受け付けていますので、急な出費時でも、利便性に優れているキャッシングです。 しかも、審査が非常にゆるいと口コミでも評判になっています... [Read More]

Tracked on 2007.10.21 at 11:24 AM

» スルガ銀行リザーブドプランに申込まれた方、申し訳ありませんでした [キャッシングローンの総合サイト]
10月3日の夜22時47分頃、 当サイトを見て(経由して)、 スルガ銀行のリザーブドプランにお申込みをされた方、 審査が通らなかったようですね。 非常に、残念に思います。 せっかく、当サイトを見て、 お申込みをしてくださったのに、 本当に、申し訳ございませんでした。 たぶん、お困りと思います。 スルガ銀行とは違う金融機関をお探しではないでしょうか。 そこで、お詫びと言ったら変かもしれませんが、 スルガ銀行とは違う金融機関からの借入を提案します。 ... [Read More]

Tracked on 2007.10.21 at 06:45 PM

» 耐震偽装 マンション [耐震偽装に騙されないために。]
安易な下請け発注が原因?構造計算書偽造/最終更新:10月20日19時43分 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071019-00000115-mai-soci <耐震偽装>多摩六都科学館が休館 遠藤建築士が構造計算10月19日20時26分配信 毎日新聞 遠藤孝・1級建築士による耐震偽装問題で、東京都..... [Read More]

Tracked on 2007.10.21 at 10:02 PM

» 耐震偽装 横浜市 [欠陥住宅ランキング]
7施設が休業、使用中止 耐震偽装の公共施設/遠藤孝建築士は「平成元年ごろからマンションを中心に全国で約70件の構造計算を担当した」としている。国土交通省では、49物件への遠藤建築士の関与を把握、うち46件の建物を1都10県で特定している。 内訳は、東京14▽..... [Read More]

Tracked on 2007.10.22 at 06:59 AM

» 再び始まった(?)世界同時金融収縮。1 [貞子ちゃんの連れ連れ日記]
再び、先週の金曜日のNY株式市場から、再び世界同時金融収縮が起き始めているようです。 アメリカ発世界同時株安、世界同時金融収縮です。 今回のアメリカ発世界同時株安の原因は、 〓アメリカは世界第一位の資源消費国家である。省エネルギーが進んでいない石油がぶ飲み体質のアメリカ経済に、昨今の『原油高・資源高』がボディーブローのように利き始めている。(たとえば、1バーレル77ドル台が定着すると、アメリカ経済は減速するとの一般的な試算がある。そして1バーレル77ドル台が定着し始めている。) 〓アメリカ国内の... [Read More]

Tracked on 2007.10.22 at 11:16 AM

» アセットアロケーションは、諸行無常の平家物語2 [貞子ちゃんの連れ連れ日記]
重ね重ね申し上げますが、「全うなアセットアロケーション」「そのつど最適な長期分散国際投資」とは、21世紀では、個人の資産形成における一番のポイントになります。 自分でも「しつこいな!」とは思いますが、しつこいくらい言います! 個人の資産形成の成功の鍵の8割は、「全うなアセットアロケーション」が握っている。成功の鍵の残りの2割は、信頼できる金融機関で取引して、まっとな金融商品を購入することだ。 たいていの人は、この反対側から資産形成してしまっている。信頼に値しない既存の大手の金融機関の窓口へ出かけて行... [Read More]

Tracked on 2007.10.22 at 11:18 AM

» 住宅・不動産 指定住宅性能評価機関とは [中古住宅購入【不動産情報・二世帯住宅間取り・デザイナーズ住宅】]
住宅・不動産 指定住宅性能評価機関とは 指定住宅性能評価機関とは、品確法で.... [Read More]

Tracked on 2007.10.23 at 09:47 AM

» 債券とは何か。1 [貞子ちゃんの連れ連れ日記]
【債券とは何か】 債券は、借用証書の一種です。主に企業や政府、政府機関などが発行し、企業や政府、政府機関の資金調達の手段としています。 発行体(企業や政府、政府機関など、債券を発行するところ)は、特定の日(満期日と呼ぶ)に元本を返済し、それまでは定期的に一定の利息(債券の場合は、この利息を『利金』と呼びます)を支払うのが普通です。一般に利金は半年に一回支払われるものが、普通です。 発行日から満期日までの期間は1年から30年ですが、まれにもっと長期の債券が発行されることもあります。 大半の債券では、満... [Read More]

Tracked on 2007.10.25 at 09:53 PM

» 債券とは何か。2 [貞子ちゃんの連れ連れ日記]
改めて記しますと、債券には信用リスクのほかに、金利リスクもあります。 Part1で一部記しましたが、債券には流通価格の変動リスクがあり、これを『債券の金利リスク』とも言います。 『金利リスク』とは、市場金利の上昇によって、債券価格(債券の流通価格、一般に、債券市場とも言います)が下落することです。一般に、市場金利が上昇すると、債券価格は下落し、市場金利が低下すると債券価格は上昇します。 市場金利と債券価格はなぜ逆方向で動くのでしょうか。(あまりに合理的な動きですので、こういった話になると、なかな... [Read More]

Tracked on 2007.10.25 at 09:54 PM

» [ゴーログ] 建築業界が大変なことになっている [週刊!木村剛 powered by ココログ]
 皆さん、こんにちは。木村剛です。「カトラー」さんが「今年の6月に改正された建築 [Read More]

Tracked on 2007.10.26 at 08:46 AM

» 耐震偽装 松田平田 [不動産投資で資産作り!]
→→→ 今日の不動産物件新着情報 ←←← →→→ 銀行マンが暴露する20代でもできる【脅威の不動産投資法】とは 耐震偽装の次は…汚ン染マンションに不安の声1月に耐震偽装が問題となったアパグループ(東京都港区)で、今度は温泉付き分譲マンションから国の基準の..... [Read More]

Tracked on 2007.10.27 at 06:53 PM

» 藤建 耐震偽装 [欠陥住宅ランキング]
また耐震偽装問題/姉歯耐震偽装事件から1年記憶から薄れ掛けた今新たに別件の耐震偽装事件が新聞に現れた 「許せない」 地震で失うのはかけがえのない暮らし一般的木造2建て住宅を想定した被害修復費用概算目安は次の通り 屋根・外装材の修理・・・・・・・・約300万 ....... [Read More]

Tracked on 2007.10.30 at 02:53 AM

» 耐震偽装 マンション [耐震偽装に騙されないために。]
耐震偽装の次は…汚ン染マンションに不安の声/1月に耐震偽装が問題となったアパグループ(東京都港区)で、今度は温泉付き分譲マンションから国の基準の約8900倍ものレジオネラ菌が検出されたことが発覚した。抵抗力の弱い子供やお年寄りは命の危険もあるという怖い菌だ..... [Read More]

Tracked on 2007.11.01 at 03:42 AM

« 青白き「真正保守」の敗北と保守再建 | Main | 「未来都市」群馬県・大泉町のCANTA GALO »