« August 3, 2008 - August 9, 2008 | Main | August 24, 2008 - August 30, 2008 »

第三の開国へ  中国人作家の芥川受賞がこじ開ける日本語世界

中国人作家、揚逸(ヤン・イー)氏が、日本語で執筆した作品「時が滲む朝」で芥川賞を受賞した。

Photo

芥川賞は、時代の新しい才能の登竜門として、過去、石原慎太郎のデビュー作「太陽の季節」や村上龍の「限りなく透明に近いブルー」など、センセーショナルな話題作を提供してきた。しかし、活字離れが進んでめっきり小説が売れなくなり、かつての威光は色あせ、受賞作品が話題にも上らなくなってしまった。そうした中、今回の揚逸氏の受賞は、北京オリンピックの開幕のタイミングにちょうど重なったこともあり、文藝春秋にして見れば、またとない話題づくりとマーケティング機会を得たことになった。

Continue reading "第三の開国へ  中国人作家の芥川受賞がこじ開ける日本語世界"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« August 3, 2008 - August 9, 2008 | Main | August 24, 2008 - August 30, 2008 »