« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

オバマの言葉を解読する ~<帝国>を志向するアメリカ~

Photo バラック・オバマが、第44代米国大統領に就任した。就任演説を聞いたが、よく練り込まれ考え抜かれた内容であり、しかも人々の心に届く強いメッセージ性をもった歴史に残る名演説だった。200万人にも達する聴衆が、水を打ったように静まりかえり、オバマ新大統領が発する言葉の一言一句を逃すまいと真剣に聞き入る姿には、政治家の言葉の力というものを深く考えさせられた。

続きを読む "オバマの言葉を解読する ~<帝国>を志向するアメリカ~"

| | コメント (2) | トラックバック (13)

経済学者、中谷巌の転向  ~新自由主義は死んだのか?~

Photo_nakatani_c 昨年末、刊行された経済学者の中谷巌の本「資本主義はなぜ自壊したのか 「日本」再生への提言 」が波紋を広げている。この本では米国流の金融資本主義が批判の俎上に上げられているが、そこに書かれている内容よりも、この本において新自由主義的経済学の旗振り役と目されていた中谷が、米国流の経済学から決別し、180度「転向」を表明していることが話題になっているのだ。現在発売中の週刊朝日にも登場し、「改革が日本を不幸にした」と中谷は懺悔している。

続きを読む "経済学者、中谷巌の転向  ~新自由主義は死んだのか?~"

| | コメント (11) | トラックバック (10)

「年越し派遣村」の正月に見た「中流」の崩壊

Photo 大晦日から日比谷公園で「年越し派遣村」が開設されていることを知り、3日の朝からボランティアとして参加した。
昨年のリーマンブラザーズ破綻を発端とする米国の金融恐慌が、実体経済にも及び、北米市場を利益の源泉としていた日本の外需産業が軒並み不況に陥っている。トヨタ、キャノンといった日本のトップ企業も派遣切りを行い、数十万に及ぶ派遣労働者、季節労働者が職場を失って、路頭に迷うことになった。そうした労働者のために「年末年始を日比谷で生き抜く」をスローガンに、テント村による住居の提供、炊き出しなどによる食事支援、そして労働相談、生活相談など行うというもので、「NPO法人自立生活サポートセンターもやい」や「反貧困ネットワーク」などが中心となり立ち上げられたプロジェクトだ。

続きを読む "「年越し派遣村」の正月に見た「中流」の崩壊"

| | コメント (2) | トラックバック (8)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »