« 「表参道ヒルズ」シャッター通り商店街  ~ブランド突然死の時代~ | Main | ハーフ・エコノミーの衝撃、もう米国にも内需にも頼れない »

楽天、三木谷社長からのメール:医薬品のネット販売規制に反対する!

楽天の三木谷社長から、以下のようなメールが届いた。

Photo 「楽天の三木谷です。平素は格別のご高配賜り厚く御礼申しあげます。
今までの私の楽天人生において出会うことのできた方々に今の私の考えをどうしてもお伝えしたく、メールを書かせていただきました。長文にはなりますが、ぜひご一読ください。

 

数多くのメディアにて取り上げられておりますが、この度、厚生労働省は一般用医薬品の通信販売(ネット販売を含む)を今年の 6月から大幅に制限する省令を公布しました。

7日付けの日本経済新聞や8日付の朝日新聞の社説では、この改正を痛烈に批判しており、まったく国民不在の行政であるばかりではなく、省令の実効性にも疑問を感じております。

 また、ネットにてなんとか食い扶持を保っている地方の薬局だけではなく、伝統薬をはじめ通販に頼っている事業者は数多く廃業に追い込まれるはずです。
このようなことを十分な議論もなく、どちらかというと規制推進派だけの検討会の議論だけでやってしまおうとすることに大きな憤りと疑問を感じています。

現在、通信販売継続のための署名活動をヤフー株式会社とともに行っており、累計で”33万人”以上の署名(速報値)が寄せられております。厚生労働省に対して、寄せられた署名を届けるとともに、一般用医薬品の安全な販売環境整備に関する議論をしっかりと行ったうえで、販売継続を可能とするよう働きかけてまいりました。それが一切反映されないままの公布となったことは残念でなりません。

規制改革会議でも省令案の段階で、このような法律に基づかない規制は違法性もあると指摘しているにも関わらず、十分な議論のないままに押し切る形での厚生労働省の進め方に疑問も感じています。

検討会の設置と検討結果によっては省令を再び見直す可能性もあると舛添大臣は言及されています。しかしながら検討会の委員の19人中15人が今回の省令案のもととなった報告書をまとめたメンバー(後任者を含む)であり、建設的に議論をしていこうという姿勢がみえづらいとも感じています。

このため、更なる署名を集め、6月の施行までに再改正するよう働きかけていきたいと考えています。

また、本件は単なる薬事の問題だけではなく、このような規制を認めてしまうと次々に同様な規制をかけることを容認してしまい、日本の将来に大きな禍根を残してしまうと考えております。

ご賛同いただける場合は、ぜひご署名を賜りたいと考えております。またさらにはご家族やご友人、従業員・職場の皆さまにもぜひご協力をいただきたく、このメールをフォワードしていただくなど、ご案内いただけますと幸いでございます。

皆様のご理解・ご協力のほどいただきたく、何卒署名のご協力をお願い申し上げます。
http://event.rakuten.co.jp/medicine/net_signature/

2009年2月09日

楽天株式会社代表取締役会長兼社長 三木谷 浩史」

厚生労働省がネットでの医薬品販売規制を進めていることについては、このブログでも昨年の段階で詳しく取り上げたことがある。
その中でもふれたが、この規制の根底には、並行して厚労省が創設しようとしている「医薬品の販売資格制度」の問題あることを見逃してはならない。

ポイントは、販売資格制度の導入の前提として医薬品の販売が原則「対面販売」が義務づけられること、そして、この新たに創設される販売資格制度の検定試験を受けて販売資格を取得した「販売士」がいれば、薬剤師のいないコンビニやスーパーでも、医薬品を対面販売できるようになることだ。

一方、現在、薬剤師や薬局がインターネットを通じて医薬品を販売している行為は「対面販売」には当たらないという理由から、取り止めさせるということになっている。現実に何の問題も発生していない民間の取引行為を一方的に規制しようというのだから、自由主義経済の下ではありえないトンデモない政策である。
しかも、三木谷氏も指摘しているように、改正薬事法のどこを読んでもネット販売を禁止するなどとは書かれていない。国会のチェックもないまま、厚労省の役人の恣意的な判断によってこうした運用がされようとしているのである。
日経、朝日といった大新聞からもこの問題について過剰規制であると批判の声が上がっているが、何故、厚労省がこうした馬鹿げた政策をやろうとしているかについてはどこも指摘していない。

厚労省が過剰規制を進める思惑

厚労省がネット販売を規制したがる理由は明らかである。ネットでの販売を現状のままにしていては、創設しようとしている販売資格制度が形骸化してしまい、検定試験の受験者も減り、自分たちの天下り先のうまみが半減してしまうという恐れを感じているからだ。
思い起こせば、外郭団体を通じて検定資格制度を立ち上げるという同じような手口で他の役所でも天下り先の受け皿が作られ続けてきた経緯がある。
旧大蔵省時代のFP(フィナンシャルプランナー)、経済産業省のITコーディネーターなどがそれにあたり、いずれも検定制度をでっちあげて、収益事業化させることで天下り先にしている。最近、「漢検(漢字検定)」で有名な漢字検定協会が、財団法人であるにもかかわらず儲けすぎていると目をつけられて、監督元の文科省が査察に入ったことが報じられたが、これは、文科省からの天下りをもっと引き受けていれば、こんなことにならなかったということを示すための見せしめだったともいわれている。

規制に対して反対の声を上げることは、ともすると業界エゴと捉えられがちだが、医薬品のネット販売規制について、そもそも動機が不純なのは厚労省の方である。長年、何の問題もなく行われてきた薬剤師による医薬品のネット販売を法律的な根拠もなく、止めさせるというからには、国民が納得しうる理由を説明するのが当然なのに、これまで何一つ明確な根拠を示してこなかった。

つまるところ厚労省の役人たちは、国民の健康を守るという題目の下、薬害被害者の消費者団体まで引っぱり出して「規制」に向けた世論形成を画策しているということだ。

国民の健康を人質にして省益をはかろうとしているこんな小役人連中の思惑にまんまと乗せられてはならない。

(カトラー)

関連記事:医薬品がネットで買えなくなる?~厚労省が進める「過剰規制」の深層~

|

« 「表参道ヒルズ」シャッター通り商店街  ~ブランド突然死の時代~ | Main | ハーフ・エコノミーの衝撃、もう米国にも内需にも頼れない »

Comments

あたかも楽天の三木谷社長は、ネットビジネスの救世主のように扱われているが、実際は、上前を跳ねるヤクザと変わらないような気がしてならない。楽天に加盟する全ての小売業者が互いに醜い価格を繰り広げたとしても、親分である三木谷社長の懐には一定の上前が入ってくることは変わりない事実は誰も指摘をしないのはなぜだろう?

マスメディアが駄目だとしても、ソーシャルメディアといわれるネットのブロガーたちがそれを語らないのはなぜだろう?

少しでも分別のつく大人であれば、楽天市場の多くの店舗が実践しているよな紙芝居のように画像を多用したマルチ商法のようなWebサイトに違和感を覚えるのではないだろうか?楽天が日本の未来を変えるようなビジョンをもった会社ならば、ああいうページを大量発生させたりはしないのではないだろうか?と疑いはしないのだろうか?上前の金額を増やすために、限定や人気をうたい文句に閲覧者を煽るやり方は、オープンやフラットといったネットの自由とはかけ離れているのでないだろうか?

今回の薬事法改正というのは、近年続いてきた規制緩和と共に崩れてきた過去を振り返る良い切っ掛けなるのではないだろうか?大規模店舗の出店に関わる規制緩和はどうだった?酒類の販売に関わる規制緩和はどうだった?研修医が病院を自由選択できる規制緩和はどうだった?

ただの規制緩和、問題ないからやってみた。の連続で日本の未来は明るくなったのだろうか?胸に手を当てて考えてみれば答えは簡単である。

永田町の有識者会議や諮問委員会に出席できるような上場企業である強きは得をして、一般的に社会で体を貼って商売をしている人間たちは、憔悴しつづけているだけではないだろうか?

大切なのは何か?
規制緩和ではなく。社会ルールの再定義。規制を見直すことである。

今回の薬事法改正について、ヤフーや楽天は伝統薬をプロパガンダのヒーローとして利用しているが、伝統薬とインターネット企業を一律に考えるのはなく、切り離して再定義をしてみる必要はないのだろうか?

地方の薬局がつぶれたとしても、街の風景として知識と経験と人徳をもとに裸一貫で小さな薬屋を起こすチャンスが少しでも残る法律を選ぶか、薬剤師を一人だけ雇って激安通販をする現金問屋が全国の薬屋を食いつぶすまでの死闘を肯定するか。

物事は安いにこしたことはないが、体を張って頑張っている、街の中小企業を食いつぶしているのが、激安価格破壊の殿堂楽天市場と、正規ルート以外の品を匿名出品できるヤフーオークションなのだということを、多くの内容をほとんどのコンサルタントやブロガーが書かない事に落胆をしている。

今回の署名運動は、インテリくずれの一部のクレバーな人間たちが、消費者を先導してろくでもない前例を作り出そうとしている気がしてならない。

常にある消費者が自分たちの未来を選ぶチャンスなのだと、何人が気がつけるのかが、これからの日本を左右するのだと思う。

Posted by: Tsukiji | 2009.02.28 at 12:51 AM

個々の人間が営むコミュニティとしての社会を安全、安心なものとして維持していきたいものです。そのための制度設計には、個々の人間が営む経済、生活を含め社会全体をよく俯瞰した上で、個々の事象を細かく分析した上で行われるべきだと思います。

Tatsujiさんのコメントにある、
「ただの規制緩和、問題ないからやってみた。」

確かにその通りのように見えます。制度設計をする上で、どこまで漏れなく、その影響度を検討したのか、・・・叶うものならレビューをしてもらいたいです。確かに薬の危険性を十分説明した上で販売することは大切と思えますが、新制度によって、ネット販売してきた人たちが被る影響も十分に考察する必要があると思います。

新たな制度設計に対して、社会的な影響を合理的に数字や根拠、歴史的な経緯や事例、政府側が考えた推論、予測などをあげて理由を説明されれば、ネット企業も、個人商店主などの発言力の乏しい人たちも双方の納得感が高まるのではないでしょうか。予想外の影響がでてくるのは、ある程度は仕方がないと思います。

政府は国民の代表であるとの意識を強くもってらいたいです。政府の説明責任の能力、質が強く問われていると思います。

Posted by: なかみ | 2009.02.28 at 10:42 AM

そもそも、議論が続いている段階でともかく施行、不具合があれば後から対応するとか言っていますが。
何故ここまで拙速を焦るかという点は不自然としか思えません。不具合があるかもしれないが、ともかく先に施行というのは合理性がない。
どうせ、箱物大型工事と一緒で動き出せば止められないと踏んでいるのでしょう。

Posted by: Gl17 | 2009.03.03 at 10:06 PM

ネットによる医薬品販売規制は単なる業界に対する規制だけでないと思います。ネット販売の影には、医療用医薬品や怪しげなバイアグラ類似品の精力増進剤など健康に影響を及ぼし兼ねないものや、青少年に睡眠薬を提供したり正規の販売以外の行為をするものがあとを絶たないからだと思います。もし、副作用が出たときには誰が責任を取るのかもー明確にしてからでも遅くないと思います。幸い一般用医薬品での副作用は殆どないでしょうが、ダイエット用医薬品や健康食品などと称して副作用があとを絶たないのも事実だと思います。
 一般用医薬品のネット販売や通信販売については、余り懸念をしておりません。しかし、その影の行為が怖いからです。

http://www.abandantia.com/
当社ではジェネリック薬品の輸入代行をおこなっております。
お困りでしたら是非相談してください!! HPの取り扱い商品以外にも
ご相談いただければ、探して輸入代行することが可能な商品もございます!!
格安にてうけたまわります。輸入代行のアバンダンティア

シアリスの激安通販 投稿者:特典漢方薬.com
シアリス Cialis---- シアリスは、米国Eli Lilly社と米国ICOS社が共同出資したLilly ICOS社
から発売された勃起不全治療薬です。シアリスの主成分であるタダラフィル(経口PDE5阻害剤)
の働きにより血流を活発にし、十分な勃起力を約24時間もの間維持することが特徴です。
http://www.kanpou520.com/cialis.htm
特典精力剤.媚薬.ダイエット薬輸入代行
http://www.kanpou520.com

Posted by: 匿名 | 2009.03.20 at 06:08 PM

ハワイ ugg 値段 これまでに沿って行って大規模なオープンエア地元の小売店ですか?行うあなたにアピールして特定の外観をで、ネヴァーフルですか?これはすべての女性を分かち合うことができる贅沢などんな、サイズ彼女は。 ugg 読み方

Posted by: ハワイ ugg 値段 | 2013.11.24 at 11:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20869/44112316

Listed below are links to weblogs that reference 楽天、三木谷社長からのメール:医薬品のネット販売規制に反対する!:

» 犬に無駄吠えを止めさせる方法/ワンちゃんをハウスに戻す方法 [ペット犬のしつけ教室に通わない遠藤和博のしつけ方/散歩トイレ/無駄に吠える/噛み癖/おしっこ/留守番/食糞/訓練方法]
「怪しい」と思っていましたが・・・ 半年前位に主人がこのDVDの話をしてきました。 私は、ネット販 売であることや、宣伝広告のうたい文句を逆手にとってしまい。「 怪しい・・!」と、買うことを絶対反対していました。   しかし、犬達の無駄吠えに疲れ果ててしまっているのも正直あり 、これから赤ちゃんが生まれてくるのに一体どうなってしまうのだ ろうと、不安一杯で�... [Read More]

Tracked on 2009.02.22 at 02:05 PM

» 医薬品のネット販売規制で影響を受ける?ケンコーコムとマツモトキヨシを比較してみた。 [- vizlog - vizooを使ったグラフとブログ]
tag: 2009年2月24日、厚生労働省で「医薬品新販売制度の円滑施行に関する検討会」の第一回会合が開かれた。 ご存知の方も多いと思うが、今年の6月に施行される改正薬事法によって、従... [Read More]

Tracked on 2009.02.24 at 08:21 PM

» ケリー上院議員のガザ視察/リベラルとガザ [米流時評]
    ||| ジョン・ケリーのガザ視察 ||| オバマの個人的なアドバイザーで上院の重鎮、ジョン・ケリー議員のガザ訪問 ミッチェル中東特使のイスラエル・左岸訪問と別個に、ガザの現地被害を視察 村上春樹氏がイスラエルでエルサレム賞を受賞してから1週間経った。 ガザのひとびとの風前の灯火の運命を「卵」に例え、 イスラエルのシステマティックな侵攻、あるいは封鎖弾圧体制を「壁」に例えて 「それでも私は卵の側の立場をとる」と言い切った作家。 イスラエルの御大、ペレス大統領と文字通り隣席... [Read More]

Tracked on 2009.02.24 at 10:40 PM

» 薬剤師受難の未来 [非日乗的日乗inowe椅子人blog]
手短に申しあげるとわたくしはどちらの味方をしようとゆうわけではない。不可解なのである。 まず、本当に安全が確保できているおつもりなのでしょうかとゆう点で厚生労働省さんは信用が薄い。ほんとに守ってくれるの国民をとの不信感が募る。 市販薬:ネット販売規制、楽天..... [Read More]

Tracked on 2009.02.25 at 03:53 PM

» 自由への厚い扉/エジプト側のガザ国境再開! [米流時評]
   ||| ガザ・エジプト間の国境再開 |||   ガザのラファ国境、待望の再開!初日にビザ所持者1千名がエジプトへ入国   アラブ連盟もガザ入り、イスラエルの戦争犯罪立証のため、現地で調査開始 ガザの国境の壁で対立するユダヤ人とパレスチナ人。ふたつの民族の帰属をめぐって数千年にわたって抗争が繰り返されてきた、聖書の時代からの永劫の戦地。昨年暮れから3週間続いたイスラエルのガザ侵攻は、周辺の中東アラブ世界は元より、和平を願う世界各国の耳目を集めてきた。 特に、常に中東和平を使命のよ... [Read More]

Tracked on 2009.02.26 at 10:37 PM

» ウォール街ブリザード!ダウ平均6千ドル台へ急落 [米流時評]
   ||| NYダウ平均6千ドル台へ急落 |||  週明けのニューヨーク株式市場ダウ平均株価、11年ぶりの6千ドル台へ急落  2月まで6か月連続下落を記録した直後の暴落で、明日の世界市場にも影響か 米国時間2009年3月2日 | NBC/MSNBC/CNBC ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee ニューヨーク発 |週明けの月曜、ニューヨーク株式市場は売りの嵐が吹きすさび、ダウ平均株価の終値は過去12年間最低の底値を記録し、7千ドルの大台を割った。この急落は、世界的不況の兆候が... [Read More]

Tracked on 2009.03.03 at 08:59 PM

» ウォール街の真冬はいつまで続くのか?米国アナリストの分析予測 [米流時評]
 ||| ウォール街の真冬と世界経済の底冷え |||  不況が社会問題化する前に、7870億ドルの超大型再生予算の効果は現れるか? 相変わらずオバマの仕事のスピードは早すぎて、追いつくのにやっとだ。 もっともブッシュが8年間に掘り続けた世界規模の落とし穴を、 わずか100日で埋めようとすること自体が、土台人間業ではできない、 巨大な物理的・財政的なスフィンクスなのだから、無理もない。   しかし、オバマはチャレンジしている。   しかも一見何の躊躇もなく、目標を掲げ、責任... [Read More]

Tracked on 2009.03.05 at 12:28 AM

» オバマのマンモス再生予算・放任主義経済の終焉と景気の氷河期 [米流時評]
  ||| オバマのマンモス再生復活予算 |||  米国の市場アナリストが分析・予測する、放任主義経済の終焉と景気の氷河期 オバマの今日のことば。「経済を、毎日の株価のジャイレーションで判断するな」..... 確かに。 「選挙予測のようなもので、毎日上下の波はあっても、最後には決断が下される」..... なるほど。   まことに説得力がある。シカゴ大学で憲法学を講義していただけのことはある。   オバマの比喩は、実にわかりやすい「オーガニックな弁証法」である。   理屈をこ... [Read More]

Tracked on 2009.03.05 at 08:52 AM

» 三木谷社長が激怒「なぜ医薬品ネット販売の議論避けるのか」 厚労省検討会 [情報と意見交換の場]
2009年2月6日には、省令案をほぼ踏襲した省令が公布。省令は2009年6月1日に施行予定で [Read More]

Tracked on 2009.03.05 at 10:58 PM

» 「事実は小説よりも奇なり」作家フォーサイスが遭遇したクーデタ [米流時評]
  ||| 戦争の犬、フレデリック・フォーサイス |||  スパイ小説の大御所、フレデリック・フォーサイスが遭遇した本物のクーデタ  アフリカ西岸のギニアビサウ共和国で、反乱軍のヴィエイラ大統領暗殺を目撃 事実は小説よりも奇なりと言うが、今回のエントリーは、希代のスパイ小説の大家が執筆取材中の旅先で起きたクーデターを図らずも目撃した、という話。その作家とは『ジャッカルの日』でデビューして以来、押しも押されぬスパイ小説の権威となったフレデリック・フォーサイスである。 フォーサイス... [Read More]

Tracked on 2009.03.07 at 09:17 AM

» 作家フォーサイス 次の小説はギニアビサウのクーデタ [米流時評]
  ||| 暗殺とクーデタと作家フォーサイス ||| 反乱軍側が擁立し即日元首に即位したレイムンド・ペレイラ新大統領 外国勢力の傀儡政権であることだけは確か  英国スパイ小説の大家、サー・フレデリック・フォーサイスが明かす次回作  今秋出版の新しい小説は、ギニアビサウ共和国のクーデタと大統領暗殺 ただ今米国太平洋時間で6日午後11時。週末の映画を見終わりましたら、ニュースでGMゼネラルモータスが破産宣告を出すという速報が...... ああ、ついに、いよいよ、とうとう来たか!であ... [Read More]

Tracked on 2009.03.08 at 09:12 AM

» 鳩山総務相、旧東京中央郵便局の再開発に言いがかりをつける [不動産と景気・経済]
鳩山邦夫総務相は、日本郵政が進めている東京駅前の旧東京中央郵便局の再開発について、「重要文化財の価値があるものをなくすのはトキを焼き鳥にして食べてしまうようなもの」と述べた。「米国流の利益追求主義で、壊すのは国の恥」とも述べた。... [Read More]

Tracked on 2009.03.08 at 03:45 PM

« 「表参道ヒルズ」シャッター通り商店街  ~ブランド突然死の時代~ | Main | ハーフ・エコノミーの衝撃、もう米国にも内需にも頼れない »