« 禁酒法時代に入った中小企業金融、サラ金。これからは闇金が跋扈する? | Main | 花王エコナのトクホ失効の波紋と「リスクゼロ」という神話 »

郵政民営化の挫折に高笑いする特定郵便局長 ~毒まんじゅうを食った民主党~

Photo 日本郵政の社長、西川善文氏が辞任に追い込まれ、後任に元大蔵事務次官だった斎藤次郎氏が就任する見通しとなった。

辞任を決めた西川氏は、自分が辞めなくてはならない理由を「郵政民営化に関する政府の方針が変わったことで、このまま自分が日本郵政に止まっても大きな隔たりがあり、適切でないと判断したからだ」とだけ説明した。

マスコミは、後任に決まった斎藤次郎氏が、元高級官僚であり、民主党の掲げる「脱官僚」という方針に矛盾すると書き立てているが、問題の本質はそんなところにはない。
第一には、今回の西川氏の実質的な更迭は、日本の金融システムのオープン化・健全化をどう考えるかという郵政民営化の本質に関わることである。郵政民営化が議論されていた前提を思い出してほしい。

かつては、「ゆうちょ」、「かんぽ」に蓄積された200兆円にもおよぶ国民の預貯金が、大蔵官僚のさじ加減ひとつで特定天下り団体や道路財源などへの資金に回されていて、国会などのチェックも受けず、「第二の予算」といわれていた実態があった。現日本郵政の経営陣が安売りしたと批判された「かんぽの宿」にしても、郵貯資金の運用投資先として、そもそも本業と関係のない所で始められた事業である。
結果として年間40億円もの赤字を垂れ流している「かんぽの宿」事業を、そもそも郵政の役人の天下り先として始めたことが大間違いであり、国民の富がこうした非効率な分野に投じられていたこを正すことのほうが先決なのである。

かつての「財政投融資」の復活か?

民主党は、今後の日本郵政の取り扱いについて「これまでの路線は修正するが、国有化路線に戻すつもりはない」というような曖昧な説明をしているが、将来にわたり株式を売却しないとすれば、すなわち国有化・公社化するということであり、集められた資金は、「財政投融資」的に使われていくことになるだろう。今はどうなっているかといえば、8割がたは国債で運用されており、要は国の借金の尻ぬぐいをさせられているのだ。元バンカーの西川氏としては、この資金の運用についてもメスを入れていく構想を持っていただろうが、ゴールドマンサックスのような欧米の金融企業を通じた運用には、大きな抵抗があった。日本国民の富を、ハゲタカ資本主義の連中に売り渡すつもりかというようなナイーブな感情論が根強く、グローバル運用に対しては慎重にならざるを得なかった。
亀井静香、麻生太郎、鳩山邦夫といった連中は、実のところそうした国粋的な心情を背景に郵政民営化に反対しているのであり、だからこそ、西川の日本郵政に対して言いがかりとしかいいようがない対応をとってきた。

国内に適当な投資機会があれば、「ゆうちょ」、「かんぽ」のカネを振り向けることがベストだろうが、「ゆうちょ」についていえば、金融機関として事業者に対して審査・貸し出しを行う能力もないし、仮にそのスキルを身につけ、他の信金信組のように地域の事業者に対する貸し付けなどを始めたとしたら、民業圧迫の誹りを免れないだろう。

従って、日本郵政の巨大な資金は、本来的には諸外国の年金資金のように、海外市場で運用するのが運用のパフォーマンスを考えれば正しい選択なのだが、その将来可能性にもストップがかけられてしまった。日本郵政の膨大なマネーはこのまま国債を抱えたまま塩漬けになる可能性が高くなった。

郵便・宅配事業の改革、健全化も頓挫か?

また、西川氏が、民営化によって最も力をいれて進めていたのは、郵便・宅配事業の改革、健全化である。
Eメールの普及や宅配事業者との競争などによって、郵便物の取り扱い量などは長期低落傾向にある。このままでは郵便事業は構造的に成り立たなく可能性をはらんでいるといっても過言ではない。
この問題に対しては、西川氏は、成長領域である小口物流(宅配便)分野の強化を進め、日本通運(ペリカン便)と宅配便の事業統合を行うという荒技にでた。ところが、今回の辞任に伴って、その事業統合についても白紙撤回される可能性が出てきており、統合に向けて物流拠点の統合や人員の異動に手をつけはじめていた現場は大混乱を呈している。このペリカン便との事業統合のような大胆な事業の枠組みの再構築によってしか郵便事業から将来にわたり収益を生み出していくことは不可能だ。民営化が後退すれば、郵便事業はコストセクターとなり、全国ネットワークの維持を理由に血税が投下されることになるだろう。

郵政民営化を争点にした4年前の衆議院総選挙で惨敗したことへの意趣返しとはいえ、西川氏を辞任に追い込むような理不尽なことを民主党が推進しているのには理由がある。
それは、今回の政権交代選挙で特定郵便局長の組織(全国郵便局長会)と民主党が握ったということが背景にある。今回の政権交代そして、郵政民営化の抜本見直しまでのシナリオを組み立てて、高笑いしているのは、この特定郵便局長の連中である。

特定郵便局長たちの高笑いが聞こえる

特定郵便局長とは、全国に約2万近くあり、郵便局全体の8割を占める。国家公務員並の待遇を受けているが、世襲であり、地方の名士と呼ばれる連中が代々身分を引き継いでいる。その身分的な特徴は以下の通りだ。

1)郵便局の土地、建物は、郵便局長の所有だが、国が、自宅であっても局長に局舎料(月額50~100万円)を払っている。
2)公務員としての待遇が保証されている。
3)公務員としての定年はあるが、妻、子に世襲制的にその地位が受け継がれる。
4)給料とは別に、年数百万円の経費が支給される。
5)売上げの如何に関わらず公務員なので収入が減ることはない

この手厚い身分保証を見れば、特定郵便局長たちが民営化に身を挺して反対するのは明らかであろう。世襲で地位が受け継がれ、収入が保証されることなど、どこまでいっても民営化の理念と合うはずがない。亀井静香や民主党で総務大臣となった原口一博は、「地方の文化や格差の拡大を防ぐ拠点として郵便局が必要だ」ときれい事を並べているが、ちゃんちゃらおかしくて聞いてられない。実態はこうした特定郵便局長の組織的な利権を守っているだけなのだ。

国民新党を介して特定郵便局長の組織を取り込んだ小沢一郎

この特定郵便局長の組織は、私的な団体であるが、小泉政権の郵政民営化路線に反発して、自民党を離党した亀井静香の国民新党の支持を打ち出した。過去の選挙でも全国でこの特定郵便局長が選挙違反で捕まるなど、選挙の集票組織として大きな力を持っていることが知られているが、自民党から離反している点に目をつけた小沢一郎が、政権交代を実現するために国民新党を介して取り込んだのである。
わずか3議席しか持たない国民新党の亀井静香が、民主党をさしおいて、現在、日本郵政問題では傍若無人にやっているように見えるのは、この特定郵便局長の組織をバックにしているからだ。自民党では引退した野中広務が郵政族のドンといわれたが、小泉内閣以降は自民党との関係は微妙なものになっていた。選挙上手の小沢はその弱点をうまく突いた。

亀井静香は郵政問題で小泉政権に反旗を翻した確信犯だから、まだ可愛げもあるが、民主党の原口一博はこうした利権問題に一切口をつぐんで、郵政民営化には「改革利権」が存在し、西川氏があたかもオリックスグループに利益誘導したような発言を行っている。こうした正義派を気取った卑怯なリベラル野郎が一番質が悪い。

はっきりいっておきたいが、特定郵便局長をめぐる北朝鮮のような利権システムを保持させるために、多くの有権者は今回の選挙で民主党に投票したわけではない。

民主党は、今のところ、小泉政権の金看板だった郵政民営化を人身御供に差し出すことで自民党の集票マシーンを取り込んだ気になっているかもしれないが、むしろ毒まんじゅうを食ったというべきだろう。

その毒は下手をすると、この弱った日本の全身に回り、日本郵政を腐らせ、金融という経済の血流を滞らせ、命取りにもなりかねない。

(カトラー)

|

« 禁酒法時代に入った中小企業金融、サラ金。これからは闇金が跋扈する? | Main | 花王エコナのトクホ失効の波紋と「リスクゼロ」という神話 »

Comments

こんにちは。ブログ拝見しました。
とても興味深い記事をありがとうございます。
また伺いますのでよろしくお願いいたします。

Posted by: とりぽす | 2009.10.25 at 10:27 PM

相変わらず上から目線がお好きなようで。
ナイーヴな感情論というネガキャンを張りたいようですが、ハゲタカ資本に日本の富を渡すな…正論では?
別個の問題である特定郵便局長を持ち出して、言い分全てを正当化したいように見えます。口汚いから特に。
なぜそこまで外国資本にこだわのか…


Posted by: | 2009.10.26 at 12:50 AM

> なぜそこまで外国資本にこだわのか…
陰謀論って根強いですね。
株式を取ったからといって預金は株主のものではないのはご存じ?
どうすれば郵貯の預金が外国資本の自由になるのか合理的な説明をしてくださいよ。妄想抜きでね。

Posted by: 経済のケの字も | 2009.10.26 at 02:30 AM

初めて投稿させていただきます。

しかしこれで日本の国家破産も確定した・・・と感じます。もう残された時間はあと何年でしょうかね?民主党はよくやっているように思いますが、郵政に関しては大反対です。失望しました。

でもこれでやっと新しい日本が始まるのかもしれない。今の日本は老人が若者を食い物にしているので一億総玉砕して年金始め全ての仕組みを新しく作ってほしいです。

Posted by: 直江兼続 | 2009.10.26 at 03:06 AM

>経済のケの字も

株主制度について勉強しろボケ

Posted by: | 2009.10.26 at 08:47 AM

くだらねーコメント書いてる連中へ

ちょんまげゆって鎖国でもしてろ。

Posted by: 心配すんな | 2009.10.26 at 09:56 AM

> 株主制度について勉強しろボケ
株主が預金を自由にできるのかって言ってんだ
具体論書けボケナス

Posted by: 株主制度について勉強しろボケ | 2009.10.26 at 11:32 AM

 外国のハゲタカに国富を譲り渡すよりもわが国の優秀な官僚達に国益にあった資金の運用を任したほうがいいのは当たり前です。(◎´∀`)ノ
 
 いちいち、亀井大臣に噛み付くことなく、黙って彼に国家運営を任せるのが一番です。(o^-^o) 
 一般国民は亀に乗った浦島太郎の気分で竜宮城に到着するのを待っていればよいのです。ヽ(´▽`)/

 きっと亀井大臣の改革により日本は「地上の楽園」と化すでしょう。o(*^▽^*)o

Posted by: 愛国者 | 2009.10.26 at 01:05 PM

特定郵便局長や連合幹部の特権についてメディアは絶対報道しませんね。記者クラブに象徴されるようにかれらも既得権層だからでしょうね。

Posted by: | 2009.10.26 at 05:32 PM

1993年6月 - 事務次官。1995年退任
1995年 - 旧大蔵省 財政金融研究所 顧問
1995年 - 旧大蔵省 社団法人研究情報基金 理事長
1995年 - 旧大蔵省 財団法人国際金融情報センター 顧問
2000年5月 - 東京金融先物取引所理事長就任
2004年4月 - 東京金融先物取引所株式会社化に伴い社長

ミスター天下り&渡り。


満州・大連市出身。父親は満鉄調査部に勤務していた。
終戦後の1948年に内地に引揚げ、成城中学校から都立新宿高等学校を経て、
一浪して東京大学に入学、同校法学部卒業後の1959年に大蔵省入省。
同期に土田正顕(国税庁長官)、大須敏生(理財局長)、日吉章(防衛事務次官)、米倉明(東大法学部教授)ら。
主に主計畑を歩み、大臣官房長、主計局長を経て、1995年5月まで大蔵事務次官を務めた。
その政策スタンスは吉野良彦に連なるといわれている。
同年、異例とも言える前倒しの形で事務次官を辞任後、二信組接待汚職事件で厳重注意処分を受けた。
                         ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
後任の篠沢恭助は斎藤に比べて関与の度合いが低かったにも関わらず、
戦後初めての事務次官クラスの国公法上の減給処分[1]を受け、
部下に罪を被せたと厳しく批判された。
^^^^^^^^^^^^^^^^^

2000年5月より東京金融先物取引所理事長に就任した[注2]。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
2009年10月、日本郵政の新社長に内定した。

 注2:出身官庁である財務省が所管する外郭団体であり、いわゆる天下りである。
   ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

1995.6/27、東京協和信用組合理事・高橋治則、安全信用組合理事・鈴木紳介、背任、不正融資で逮捕。
議員官僚接待、ゴルフ場などへの乱脈融資。
高橋治則、自家用ジェットでオーストラリアへのカジノ接待。
接待を受けたのは、小沢一郎、中西啓介、大蔵官僚ら。
         ^^^^^^^^^^     ^^^^^^^^^^
日銀、長銀などからの融資、合計1600億が消えた。
山口敏夫、二信組から300億の収賄、無担保、回収不能。


天下りと言うより、筋金入りの悪党が斎藤。

Posted by: mikura | 2009.10.26 at 06:20 PM

郵貯や簡保に国の後ろ盾がなくなれば
郵貯・簡保にする理由がないわけで・・・・
それと特別会計の無駄使いは郵政民営化しても
一向に変らなかった(と言うか手をつけてない)
ムダ使いをなくさずに郵貯・簡保でお茶を濁しただけじゃない?

Posted by: メル | 2009.10.26 at 08:22 PM

あんなばら撒きマニフェストを実現するには金が必要じゃんか。亀井は、産業振興より大企業イジメを目的としてじゃんか。新たに雇用を生み出すような政策は最初からやる気ないんだよ。そしたら、赤字国債出すしか方法ないじゃないか。赤字国債を喜んで買ってくれるのは郵政以外ないじゃないか。かんぽの宿を適正に売却することに横槍入れて、西川を追い出したのは、金融の知識がある人間が邪魔だからじゃん。郵貯・簡保マネーと子供や孫の資産を食い潰すことを、衆議院選挙で日本人が選択したんだよ。「子供手当て」で焼肉でも食おうぜ。カリカリしても意味ねぇってば。

Posted by: おれ | 2009.10.26 at 10:28 PM

しかし郵政と外国資本に触れた途端、コメント続々って…幸福実現党の記事の時みたい(笑)あ、既にどれだけ国民の財産をよそに持ってかれたのか、きちんと検証してほしいものです。陰謀論というレッテル貼りで、頭から否定したい人もいるのかもしれませんが。

Posted by: | 2009.10.26 at 11:24 PM

いまだに、小泉純一郎を改革者と信じる人がいるんですね?郵政民営化は郵政資産を小泉一派が私物化して、アメリカ資本に投売りする為の陰謀だったじゃないですか?

Posted by: エセ改革を憎む者 | 2009.10.26 at 11:59 PM

ここは色んな意見があっていいですね。民主主義万歳!

ただね、「高笑い」とかいう表現は、正論を伝えようとしているのであれば、逆にマイナスの効果しかないと思いますよ。「挫折」かどうかもまだわからないですからね、現状みて予想するのは誰でもできますけど、予想ほど当てにならんものもないでしょう。こんな表現方法では「なんだ、こいつも単なる評論家か」って感じに思われる気がします。もしくは「B層(小泉内閣時に分析したといわれる例の表現です)狙いなだけ?」みたいな。せっかく思慮深そうな方なのだろうに、もったいない。

Posted by: だから | 2009.10.27 at 09:28 AM

氏が「喜ぶ」と指摘した特定局長の身分を持っているのは日本郵政全体の一部の幹部です。彼らは準公務員として長くやってきたので役人気質なのは当然です。「かんぽの宿」も政治家が目立ちたいだけに取り上げたネタです。大事なのはそんなことなのでしょうか。日本郵政の「その他」の従業員はどう思っているのでしょう。
それにいちばん大事なのサービスの内容です。
上場しないとはいえ、すでに分社化されてサービスや店舗が切り詰められています。資本主義の原則からいえば当然ですよね。でも、金融や物流サービスから隔絶されてしまう山間部や離島に住む人々はどうなるのでしょう。
小口の物流や金融をユニバーサルサービスとして提供してきた郵便局をもう少し評価してもいいのでは。

Posted by: alt-native | 2009.11.02 at 12:11 AM


http://morimori.menslip.com/yum38g6/ ~-y(^.^;)これに群がる女ヤベwwwww
なんかよくわからんが寄ってくる女を適当に扱ってたら
ドM女が集まりまくっていつのまにか王様にされたしwwwwwww


ずっと童●だったんだが、早くこれやりゃよかったと後悔(^^;
ま!後悔した分毎晩やってるけどな!!(爆)

Posted by: 40歳真っ黒チンボ | 2009.11.09 at 05:05 PM

●市橋達也 逃走中に風俗通い発覚!!【動画】


http://itihasitatuya.blogspot.com/

Posted by: ●市橋達也 逃走中に風俗通い発覚!!【動画】 | 2009.11.13 at 02:19 PM


パイパイパイパイ!!!アーーーーパイパーーイヽ( ・∀・)ノ
・・・そんまそーぬ興奮しすぎて取り乱してまつwwwwwww

http://paipai.world-wife.com/y1cadl3/

これ知ってたっけ?俺知らなくって浩二君に教えてもらったんだが
ソッコーで6万ゲトったどwww セレブの金使いすげえぇえふあ((゜д゜;))

Posted by: 豊作じゃー!!!!!! | 2009.11.15 at 02:36 PM

仰るとおり、「利権の維持」が目的のクズが具体論無しの精神論で、圧力を行使する様は見てて吐き気がしますね。

特権維持を主張する↑も同様にクズですね。

>ちょんまげ結って鎖国してろ
仰るとおり!

Posted by: a | 2009.11.16 at 09:42 PM


言われた場所に着いたら女2人居てチョーびびったあぁぁぁwwww
3 Pって初めてだったせいか淡 白な僕がずっとオッキしてたよwwwww
なにより顔 騎&騎 乗のダブル攻めはヤバイっす!!!!!!
今回は天国イってもいいくらいだったけど
ちゃっかり報 酬は2人から回収しときますたヽ(´ー`)ノヒャホー!

http://rakuraku.nnstarterpp.net/9c1p0ya/

Posted by: 何発イったっけ?wwww | 2009.11.18 at 09:08 PM

1)郵便局の土地、建物は、郵便局長の所有だが、国が、自宅であっても局長に局舎料(月額50~100万円)を払っている。
2)公務員としての待遇が保証されている。
3)公務員としての定年はあるが、妻、子に世襲制的にその地位が受け継がれる。
4)給料とは別に、年数百万円の経費が支給される。
5)売上げの如何に関わらず公務員なので収入が減ることはない


全部事実とは違いますよ。
世襲といわれる特定局長は民営化前から全体の2割程度ですし、そのほとんどは社員として入社してから局長になっております。

まず、どこからのこの情報を得たのでしょうか?
郵便局は家賃を得られますが、建築費に対して支払われる費用はトータルで8割程度と言われておりオーダーメイドで作られるため、ほぼ転用が出来ないものになります。

公務員の待遇とのことですが、公務員でないので公務員の待遇はありません。

『給料とは別に、年数百万円の経費が支給される。』これは何のことでしょうか?運営費のことでしょうか?渡切費だとしても100万円~200万円程度でした。それで光熱費から消耗品、景品まで1年間賄うわけです。多いですか?

給与については以前より右肩下がりですし、査定もされております。

小泉の陰謀(笑)で作られた嘘をもっともらしく書くのはいい加減にやめていただきたいですね。

Posted by: | 2010.10.19 at 08:54 PM

1)郵便局の土地、建物は、郵便局長の所有だが、国が、自宅であっても局長に局舎料(月額50~100万円)を払っている。
2)公務員としての待遇が保証されている。
3)公務員としての定年はあるが、妻、子に世襲制的にその地位が受け継がれる。
4)給料とは別に、年数百万円の経費が支給される。
5)売上げの如何に関わらず公務員なので収入が減ることはない


全部事実とは違いますよ。
世襲といわれる特定局長は民営化前から全体の2割程度ですし、そのほとんどは社員として入社してから局長になっております。

まず、どこからのこの情報を得たのでしょうか?
郵便局は家賃を得られますが、建築費に対して支払われる費用はトータルで8割程度と言われておりオーダーメイドで作られるため、ほぼ転用が出来ないものになります。

公務員の待遇とのことですが、公務員でないので公務員の待遇はありません。

『給料とは別に、年数百万円の経費が支給される。』これは何のことでしょうか?運営費のことでしょうか?渡切費だとしても100万円~200万円程度でした。それで光熱費から消耗品、景品まで1年間賄うわけです。多いですか?

給与については以前より右肩下がりですし、査定もされております。

小泉の陰謀(笑)で作られた嘘をもっともらしく書くのはいい加減にやめていただきたいですね。

Posted by: | 2010.10.19 at 08:54 PM

Thanks , I've just been searching for info about this subject for ages and yours is the best I have discovered so far. But, what concerning the conclusion? Are you positive about the supply?

Posted by: The Paleo Recipes | 2013.12.23 at 12:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20869/46580990

Listed below are links to weblogs that reference 郵政民営化の挫折に高笑いする特定郵便局長 ~毒まんじゅうを食った民主党~:

» クレクレタコラー達の「公社へGO!」(鳩山由紀夫、金八先生になる!) [貞子ちゃんの連れ連れ日記]
1)〜気力がなえてゆく「日本郵政」の「公社へGO!」〜 ――――――――――――――――――――――――――――― 10月20日の日本郵政人事の「あまりの不思議さ」に、すっかり気落ちして、落胆しています。(――; 滅多にへこむこことのない私が、これほど落胆するのは、珍しいことです。 辞任表明した日本郵政の西川善文社長(71)も藤井次郎氏(73)も亀井静香氏(72)も、みんな70歳過ぎている。 就任早々、「迷走ぶり」を発揮してくださった藤井裕久財務相(71)にも、驚かされたが、今度は、日本郵政... [Read More]

Tracked on 2009.10.26 at 08:25 PM

» 二代目ヤミ将軍・小沢一郎 [罵愚と話そう「日本からの発言」]
「鳩山内閣の実態は第二次村山内閣」について  いまさら名乗るもおこがましいだろうが、初代は、あの名だたる大悪人の田中角栄だ。ロッキードでつまづきながらもヤミ将軍として隠然とした影響力を行使した初代とどこがおなじで、どこがちがうのかを研究して文芸春秋にでも売り込もうかと思う(笑)。  初代は土建屋からの献金を金脈にしていた。いまさら、この業界に多くが望めないのは、説明の必要はあるまい。亀井静香を養うぐらいが限界だ。そこで小沢が目をつけたの金融業界だ。それも、チョコチョコと業界に頭を下げて集...... [Read More]

Tracked on 2009.10.28 at 07:03 PM

» イントラネット 構築 [イントラネット 構築]
イントラネットの構築についての情報です。 [Read More]

Tracked on 2009.11.01 at 02:21 PM

» [today]Nov. 2, Sun. [alt-ctrl-today]
IT オムロンソフト、ソフト開発関連事業の絞り込み@日刊工業新聞 進化する携帯プラットフォームの理想と現実@NikkeiNet JR九州、「コロプラ」用周遊切符を発売@CNET ユビキタス/クラウド Kindleは読書体験を変えるか@ASCII 電車の中などで見かける外国人ビジネスマンの皆さ... [Read More]

Tracked on 2009.11.02 at 12:46 AM

« 禁酒法時代に入った中小企業金融、サラ金。これからは闇金が跋扈する? | Main | 花王エコナのトクホ失効の波紋と「リスクゼロ」という神話 »