映画「アバター」に仕掛けられたキャメロン監督の企み、あるいは「胡蝶の夢」

Avater

ジェームズ・キャメロン監督の3D映画作品「アバター」が世界的な大ヒットになっている。

私は昨年の年末の封切り直後に、近所のシネコンまで見に行ったが、構想14年、製作に4年を費やした3D映画の大作という触れ込みに、見せ物小屋にでも行くような興味が先行していただけで、正直なところ、映画の内容などにはほとんど期待を持っていなかった。が、実際に観て、いっぺんに虜になってしまい、既に2回この作品を観るために映画館に足を運んでいる。

この映画の誕生によって、映画を観るという行為の持つ意味が根本から変えられてしまうだろう。それぐらい、これからの映像表現にとってこの映画は画期的な意味を持つ作品だ。
14年前にアバターという映画の構想の方が先に生まれ、3D映像の技術が後から追いついてきて、その最新技術をブラッシュアップさせながら作品が創り上げられていったそうだ。キャメロン監督は、当初予定されていた公開日程を延期させてまでも、新しい3D技術の採用にこだわったようだが、映画を観てその理由がはっきり理解できた。

反戦、反アメリカ映画として第一級の作品

この映画は様々な観点から評価できるだろうが、私はこの作品が反戦、反アメリカ映画として第一級のものであることを指摘したい。
この映画の映像体験の対極に位置するのが、米軍の圧倒的な軍事テクノロジーのショーとなった1991年の湾岸戦争の映像だ。コンピュータゲームの世界のようにミサイルが海上を渡り、何百㌔も離れた軍事標的を寸分違わない正確さで破壊する映像がCNNを通じて全世界のテレビから繰り返し流された。ただ、それはゲームではなく、今、この現実に起きていることであり、その映像の先にはリアルな人間の死が存在していた。
その最もリアルであるべき人間の死をコンピュータゲームの中で進行している出来事のように感じてしまった後では、全てのイメージ、映像表現は、単なる見せ物になってしまう。

湾岸戦争後、全ての映像作家たちに課せられた十字架は、巡航ミサイルが現実にビルを打ち壊している映像を超えるリアルを誰も表現できなくなってしまったということだ。

キャメロン監督は、その十字架を3Dという魔法を手にしたことで解き放った。
3D映像によって観客は侵略戦争のただ中の空間に引きずり込まれ、圧倒的な力により、一方的に破壊が進行していく様を目の当たりに体験させられる。その体験を通じて観客は、20年前にテレビゲームのように見ていた映像の背後にあった本当の現実を追体験させられるのだ。さらに、この映画を観た人たちは、米国という国家が常に侵略行為と不可分であった歴史の記憶をも呼び醒まされる仕掛けになっている。
この映画に登場する青色の肌をもった異星人ナヴィ族は、自然と感応する霊的能力を持った種族として描かれ、スペイン人ピサロによって滅ぼされたインカの民や白人の西進とともに殺戮され故郷を追われたアメリカインディアンの姿が彷彿とさせられる。

正義のカウボーイの歴史を真っ向から否定

未開の地を切り開き、野蛮な原住民を蹴散らかして西進するというのが、米国のフロンティアスピリットの本質であったとすれば、そうした正義のカウボーイの歴史をこの映画は、真っ向から否定しているといってもよいだろう。
この映画は、日本と同時に米国でも封切られている。ナヴィ族が体現している自然と共生するアニミズム的な世界観への共鳴は、私たち日本人にはむしろ馴染み深いものだが、米国人はこの映画の隠された反カウボーイ、反アメリカメッセージをどのように受けとめているのだろうか。
米国の私の友人によれば、この作品に対して保守派の反発も生まれているが、むしろ、前政権のカウボーイ・ブッシュによって主導された「ブッシュの戦争」で深く傷ついた米国人の自信や心のトラウマを癒している作品としてとらえられるという。

物語では、過去の戦闘で負った脊椎損傷で半身不随となった主人公の元海兵隊員ジェイクが、傭兵として、物語の舞台、惑星パンドラにやってくる。ジェイクはアバターとリンクしてナヴィ族にスパイとして潜入するミッションを与えられるが、ナヴィ族との接触を通じて徐々にその世界観を学び、遂にはナヴィ族の一員として受け入れられるまでになる。物語のクライマックスでは、地球人(スカイ・ピープル)の侵略に対して、ナヴィ族の戦士として立ち向かう。

米国の贖罪と新たな再生神話の創造

ネタばれになってしまうが、ラストシーンで主人公のジェイクはナヴィの一員として生まれ変わる。つまり、キャメロン監督が、この作品で明確に意図しているのは、米国のこれまでの侵略や開発至上主義的な自然破壊に対する贖罪と新たな再生神話の創造といえるだろう。

米国でもこの映画が大ヒットしている背景には、アメリカ国民が深く傷つき、新たなアメリカン・ドリーム、希望の物語を欲しているということがあるだろう。ただし、その希望の物語とは、きらびやかな車やプール付きの家やシャンパンで彩られたものではない、
荘子が2300年前に語った「胡蝶の夢」のように、夢の世界で舞うはかない蝶のようなものだ。

アバターと荘子の「胡蝶の夢」

「以前のこと、わたし荘周は夢の中で胡蝶となった。喜々として胡蝶になりきっていた。
自分でも楽しくて心ゆくばかりにひらひらと舞っていた。荘周であることは全く念頭になかった。はっと目が覚めると、これはしたり、荘周ではないか。
ところで、荘周である私が夢の中で胡蝶となったのか、自分は実は胡蝶であって、いま夢を見て荘周となっているのか、いずれが本当か私にはわからない。
荘周と胡蝶とには確かに、形の上では区別があるはずだ。しかし主体としての自分には変わりは無く、これが物の変化というものである」

アバターとは、この荘子の説話に登場する胡蝶のようなものといえる。胡蝶の夢の説話と同様にアバターの世界では、夢と現実が混じり合い、その境界が無意味なものとなる。もっとラジカルにいえば、アバターという作品によって提起されたものは、その境界線を無化してしまうことで世界を変えてしまおうという高度な企みなのだ。ジェームズ・キャメロンが、3D映画に見た戦略的な可能性は正にその点にこそ存在しただろう。

この映画を観ながら、3D映画のテクノロジーを使って、等身大のロールプレイゲームをやったらどんな感じだろうと考えていた。パソコンの平面世界のネットゲームでさえ、はまりこんでしまうゲーマーが数多くいるくらいだから、仮に3Dのゲーム空間が登場したら、一生そこから出てこない若者も出てきて社会問題化するかも知れない。アバター的な現実とは、産業的にも大きな広がりを持ってくるだろう。

キャメロン監督の次回作のテーマは「原爆」

昨年の年末、ジェームズ・キャメロン監督は、日本を訪れ、広島の病院で一人の老人を見舞っていた。
その老人は、山口彊(つとむ)さんといい、戦時中は三菱重工の技術者だったが、広島、長崎の両方で被爆するという苛酷な運命を背負った。ずっとその二重被爆という重い体験を誰にも話していなかったが、次男を2005年にガンで亡くしたことをきっかけにその体験を公に向かって語りだした。
山口老人は、オバマ大統領にも手紙を書いたが、ジェームズ・キャメロン監督が、次回作品で「原爆」をテーマにしているという話を聞き、直接会って話したいと希望していたという。

キャメロン監督は山口老人に面会し「あなたのような稀有な経験をした人を後世に伝えるために会いに来た」と語りかけたそうだ。面会後、山口さんは「使命は終わった」と話し、今年の1月4日、93歳で死去した。

ジェームズ・キャメロンは、次の原爆を題材とした作品で、山口老人の体験を全世界の人々に共有させることを企むのだろう。それは、果たして、人類の犯した過ちに対する贖罪と再生の物語になるだろうか。

(カトラー)

| | Comments (3) | TrackBack (4)

政権交代後のシングルマザー社会と「のんちゃんのり弁」商店街の関係

Photo 建設が進んでいる東京スカイツリーの足下、墨田区の京島に「キラキラ橘商店街」という私の好きな商店街がある。ここを舞台に「のんちゃんのり弁」という映画が制作され、先週からロードショーが始まった。

物語は、親のすねをかじっているだけのダメ亭主に見切りをつけた、小西真奈美が演ずる主人公、小巻が、幼稚園児の一人娘、のんちゃんを連れて家を飛び出す場面からはじまる。小巻は母親の住む墨田区、京島の実家にまい戻って仕事を探すのだが、子連れで何のスキルも持たない主人公に世間の風は冷たい。

Continue reading "政権交代後のシングルマザー社会と「のんちゃんのり弁」商店街の関係"

| | Comments (1) | TrackBack (39)

第三の開国へ、出でよ平成の篤姫たち!

Poster_b NHKの大河ドラマ「篤姫」がブームである。
大河ドラマの主役としては史上最年少である宮崎あおいを篤姫役に抜擢したことがヒットにつながった。番組スタートから20%を超える視聴率をマークし、その後も順調に数字を伸ばしている。これまで、大河ドラマを見ることの無かった宮崎あおいと同年代の若い女性達を惹きつけたことが高視聴率の要因といわれている。

Continue reading "第三の開国へ、出でよ平成の篤姫たち!"

| | Comments (13) | TrackBack (5)

NHK「サラリーマンNEO」賛歌 ~サラリーマンへのレクイエム~

Photo 最近はテレビ番組をほとんど見ない。特に小利口ぶったお笑いタレントやジャリタレが騒いでいるだけの情報バラエティ番組というのが大嫌いで、テレビをつけると、この手合いの弛緩した番組ばかりなので、反射的にスイッチを切ってしまうことになる。

それゆえ、欠かさず視聴しているといえる番組もないのだが、唯一の例外が、NHKが放送している「サラリーマンNEO」というコント・バラエティ番組だ。

Continue reading "NHK「サラリーマンNEO」賛歌 ~サラリーマンへのレクイエム~"

| | Comments (7) | TrackBack (1)

無差別殺人の時代、ノーカントリーな日本を生き延びろ!

No_country コーエン兄弟の「ノーカントリー」を地元のシネコンで見たのは、土浦の駅頭で24歳の男が無差別殺人を引き起こす一週間前だった。

もし、事件が起きた後だったら、スーパーの袋をぶら下げた主婦が行き交い、土浦と同じような日常風景の中にあるシネコンで、こんな映画はとても見る気にならなかっただろう。

Continue reading "無差別殺人の時代、ノーカントリーな日本を生き延びろ!"

| | Comments (4) | TrackBack (2)

ALWAYS 続・三丁目の夕日と昭和レトロブームの行方

Always 「Always 3丁目の夕日」の続編が公開されている。
“国民的映画”と呼んでもいいような大ヒットとなった第一作に比べて、今回の出来栄えはどうだろうかと思いながら、映画館に足を運んだが、まずまず合格点をあげられる内容だった。映画館の観客の反応も前作同様に良かった。だが、今回は世の中で「昭和レトロブーム」が巻き起こっていて、そうしたブームのただ中でこの映画が成立していることが、作品全体に前作とは微妙に異なるニュアンスを与えていた。

Continue reading "ALWAYS 続・三丁目の夕日と昭和レトロブームの行方"

| | Comments (5) | TrackBack (5)

映画BABELと9.11をつなぐ世界共時視線

Photo_7 BABELを見た。映画を見ている間、この作品に埋め込まれた「眼差し」をずっと感じていた。世界を俯瞰するのと同時に、地上を虫のように凝視するような眼差し、それは、パソコン上でGoogle earthを初めて操作した時に感じた「神の視線を手に入れた!」という感覚にも通じている。「BABEL」の世界は、誰の眼差しを通して創られているのか?

Continue reading "映画BABELと9.11をつなぐ世界共時視線"

| | Comments (0) | TrackBack (7)

映画「上海の伯爵夫人」と上海の箱庭世界

The_white_countess 上海が「魔都」と呼ばれた1930~40年代を舞台にした映画「上海の伯爵夫人」(ジェームズ・アイボリー監督作品)が上映されている。原作と脚本は、「日の名残り」などの作品で知られる日本生まれの英国人作家、カズオ・イシグロだ。

Continue reading "映画「上海の伯爵夫人」と上海の箱庭世界"

| | Comments (0) | TrackBack (12)

「ワールド・トレード・センター」とハリウッド映画の敗北

World_trade_center2 9.11からまる5年が経過して、オリバー・ストーン監督作品「ワールド・トレード・センター」が公開された。ベトナム戦争を批判的に描いた「プラトーン」「7月4日に生まれて」などで社会派の映画監督として知られるオリバー・ストーンが、9.11をどのように描いたのか、興味深く思って映画館に足を運んだ。

Continue reading "「ワールド・トレード・センター」とハリウッド映画の敗北"

| | Comments (8) | TrackBack (5)

「かもめ食堂」~愛すべき負け犬たちの最後の晩餐~

Kamome_syokudou2 映画「かもめ食堂」(荻上直子監督作品)がヒットしている。

前から見たいと思っていた映画だったのだが、ロードショーの終盤になって、やっと映画館に足を運ぶ時間が取れた。

Continue reading "「かもめ食堂」~愛すべき負け犬たちの最後の晩餐~"

| | Comments (342) | TrackBack (7)