ばらまき補正予算の影で進行する日本農業の緩慢なる死

Photo8月にも想定されている衆議院総選挙に向けて、地方票の取り込みを狙った農家へのばらまき・アナウンス合戦が激しさを増している。

そもそもの発端は、先の参議院総選挙で、民主党の小沢一郎代表が農家に対する「戸別所得補償」という政策をぶち上げ、自民党の牙城ともいえる農村票を鷲掴みにして、参議院総選挙に大勝、参議院における与野党、逆転状況を作りだしたことにあった。

Continue reading "ばらまき補正予算の影で進行する日本農業の緩慢なる死"

| | Comments (1) | TrackBack (2)

アジアにおけるジャパンパッシングと夜郎自大な日本

Victoria_peak_1 先週、駆け足で香港と台北を回った。
その中で強く印象に残り、なおかつ懸念されたのは、アジアにおける新たなJapan-passingが進行しているのではないかという問題だ。
ジャパンパッシング(Japan-passing)とは、中国重視に傾いた民主党のクリントン政権下で採られた政策で、かつてのジャパンバッシング(日本叩き)からジャパンパッシング(日本外し)へと言われたものだった。この時にいわれたpassingとは、「米国が日本を外す」ことを意味した。

Continue reading "アジアにおけるジャパンパッシングと夜郎自大な日本"

| | Comments (17) | TrackBack (14)

映画BABELと9.11をつなぐ世界共時視線

Photo_7 BABELを見た。映画を見ている間、この作品に埋め込まれた「眼差し」をずっと感じていた。世界を俯瞰するのと同時に、地上を虫のように凝視するような眼差し、それは、パソコン上でGoogle earthを初めて操作した時に感じた「神の視線を手に入れた!」という感覚にも通じている。「BABEL」の世界は、誰の眼差しを通して創られているのか?

Continue reading "映画BABELと9.11をつなぐ世界共時視線"

| | Comments (0) | TrackBack (7)

コスメティック・シティ「上海」 ~ドラゴン・レディが世界のコスメをリードする~

Aupres 都市は女性を美しくする。

学生時代、田舎から上京した友人が「東京のオンナは綺麗だ」と力説していたことを思い出す。

Continue reading "コスメティック・シティ「上海」 ~ドラゴン・レディが世界のコスメをリードする~"

| | Comments (3) | TrackBack (18)

外こもり時代のバックパッカーたち

Shimokawa_12mannenn_1 旅行作家の下川さんと久しぶりに築地で飲んだ。
下川さんは、今やバックパッカーたちの教祖的存在といわれ、「12万円で世界を歩く」(朝日新聞社)でデビュー以来、アジアと旅に関して多数の著書がある。
「12万円で世界を歩く」というのは、1980年後半、当時の週刊朝日がグラビア特集で組んでいた連載企画で、旅費、生活費として12万円だけ渡され、実際にその予算で世界を旅して、その一部始終を紀行文にまとめたものだ。「もともと僕のほうから持ち込んだ企画だから、文句はいえないんだけれど、編集部は取材費として本当に12万円しかくれないんだよね」と下川さんが笑いながらぼやいていたことを思い出す。

Continue reading "外こもり時代のバックパッカーたち"

| | Comments (4) | TrackBack (11)

フラット化する東京と上海② 看板の無いカフェと上海の蝶の小さなはばたき

Noriko_cafe 上海が列強から植民支配を受けた租界時代、フランスが統治した「フランス租界」と呼ばれる地域が、上海の西南地区に広がっている。当時植えられたプラタナスの並木や、ヨーロッパ風の建築が残っていて、パリの街角を思わせるような独特の景観を見せている。その旧フランス租界地区に一軒のカフェがある。看板はなく、名前を「「小小珈琲舘(シャオシャオ カフェグワン)」」という。

Continue reading "フラット化する東京と上海② 看板の無いカフェと上海の蝶の小さなはばたき"

| | Comments (1) | TrackBack (3)

フラット化する東京と上海

トマス・フリードマンが、近著「フラット化する世界」で、現在のグローバル化現象を「グローバリゼーション3.0」と名付けている。コロンブスのアメリカ大陸発見(1492年)から地球はどんどん小さくなり、多国籍企業が活躍した時代(グローバリゼーション2.0)を経て、ベルリンの壁が崩壊し、インターネットが世界を席巻した2000年から、グローバル化の新しい段階「グローバリゼーション3.0」が始まり、世界が同じ地平で競争する「フラット化した世界」が出現しているという。

Continue reading "フラット化する東京と上海"

| | Comments (2) | TrackBack (2)

ハーフリタイアという生き方

scout
米国のベンチャー経営者や、猛烈な仕事ぶりで知られる金融ディーラーの中には、30代で稼いで40代になったらリタイアすると公言している人が少なくない。スポーツ・アスリートと同様、ベンチャーや金融ビジネスの激務とストレスには、若い体力と知力がなければ耐えられないということなのだろう。日本では、あまりそういう話を聞かなかったので、日本人には馴染まないライフスタイルなのだろうと勝手に思いこんでいたが、「ハーフリタイア族」と呼ばれる人々が登場してきているらしい。

Continue reading "ハーフリタイアという生き方"

| | Comments (1) | TrackBack (2)

世界の中心で「ごはん(エスニックフード)」と叫ぶ!

begie_tokyo_2
このブログに最多登場回数を誇るクリングルの村井君の紹介で、エディター&ライターの「にむらじゅんこ」さんと銀座のシャネルビルに昨年末にオープンして評判の「BEIGE TOKYO(ベージュ東京)」でお会いした。

Continue reading "世界の中心で「ごはん(エスニックフード)」と叫ぶ!"

| | Comments (0) | TrackBack (2)

そうだ、栃木、行こう②:クルマをすてよ、町へ出よう

otome_cream
栃木では、クルマが無いと暮らしていけない。
東京を中心として放射状に広がる交通インフラ網は、栃木や茨城あたりまでくると網の目が急に粗くなり、クルマしか交通手段が無くなってしまうからだ。そのためか、立ち寄った茂木の「道の駅・もてぎプラザ」がやけに繁盛していた。

Continue reading "そうだ、栃木、行こう②:クルマをすてよ、町へ出よう"

| | Comments (2) | TrackBack (5)